車・バイク

2012年2月28日 (火)

世界最速のオートバイはジェットエンジンを搭載!

現在の世界最速バイクは、米国のマリン・タービン・テクノロジー(Marine Turbine Technologies inc.、略称:MTT社)が開発し、アメリカ本国で発売されたガスタービンエンジン搭載のMTT・タービン・スーパーバイク(MTT Turbine SUPERBIKE )で、Y2K Turbine SUPERBIKEという別名から『Y2K』と略されています。

このマシンは過去に製作されたジェットエンジン搭載のオートバイのようにジェット噴射による推進力を利用するのではなく、パワー・タービンから軸出力を取り出し、2段のオートマチックトランスミッションを介して後輪を直接駆動する方式を取っています。

Y2k_1Y2k_2

搭載されるのは、ロールス・ロイス plc社製のターボシャフトエンジンであるアリソン 250-C18。

ディーゼルエンジン用の軽油を使用できるように仕様が変更されており、320馬力(238kW)の最高出力を発生します。

最高速度は402km/hとされ、365km/hまで到達するのに僅か15秒という驚異的な加速力を誇ります。

2008年には最高出力420馬力(310KW)のガスタービンエンジンを搭載したバリエーションモデルであるMTT・タービン・ストリートファイター(MTT Turbine STREETFIGHTER)が発表されました。

尚、このバイクは日本では法規に適合しないために登録できませんので、公道走行は不可能です。

Y2K Superbike

Y2K - 250mph Motorcycle

エンジン点火の音はガスレンジに似ていますが、その後はまさにジェット機の音です。

一度は乗ってみたいですが、ガスタービン・エンジン特有の慣性力の大きさが、特別なテクニックを要求するそうですから、動画だけで我慢しておきましょう。

ところで、SHOEI NEOTEC誕生!・・・ヘルメット問題再びで紹介したショウエイのネオテックが4月から日本で販売されます。

ヨーロッパでは既に発売中ですし、日本でも海外で売られている商品を輸入して販売しているショップもありました。

ショウエイが正規販売してくれる事で、日本人に合った帽体のネオテックが手に入る事になります。

Feature001

日本人の頭の形は欧米人と比べ、横幅がありますから、欧米基準で製作されたヘルメットは1~2サイズ大き目を選択しないと横幅が合わないのです。

横幅を合わせると、前後が大きいという事になり、調整するためにスポンジを入れる必要があります。

日本人向けの商品が発売されますから、そういう面倒な手間がかからず安心です。

ネオテックは気になるヘルメットですが、説明を見る限り、帽体は大きく(マルチテックより大きくなった)、重さもかなりあります。

首にあまり負担をかけたくないので、今年は別なヘルメットを購入しました。

Vs

マルシンのカーボンヘルメットRS2と、ヤマハのシステムヘルメットです。

マルシンのカーボンヘルメットは日本では正規販売されていません。オークションで売られていたので手に入れる事ができました。

カーボン製ですから非常に軽いです。

並のジェットヘルより軽いのではないか?と思う程です。

気になったので、今所有しているヘルメットの重さを量ってみました。

マルシン RS2      1205g

ヤマハ  ゼニスSAZ  1250g

ショウエイ Z-6     1388g

以前から持っていたショウエイのZ-6は軽量コンパクトが売りですが、ヤマハの方がコンパクトで軽量ですしマルシンRS2は帽体こそ大きいですが、重量差以上の軽さを感じます。

今年もZ-6の出番が減ってしまいそう・・・

Vs_2Vs_3

誤解の無いように言っておくと、フルフェイスのヘルメットは1500~1700g程が標準的な重さで、1400gを切っているZ-6は充分に軽量なのです。

ジェットタイプにチンガードをつけたヤマハのようなタイプは軽くなって当然ですが、安全性はフルフェイスに劣ります。

そういう意味では、マルシンのRS2が一番かもしれません。

今年こそバイクにたっぷり乗ろうと思っています・・・

HELMET CRASH TEST / MARUSHIN V/S RZO

RS2 Marushin CARBON 001.MOV

FPUからのお知らせ

FPUではブログサポーターを募集しています。詳細については、下記をクリック願います。

ブログサポーターを募集します!(FPU公式ブログ)

◆ブログランキングに参加しています!皆さまのクリックで応援して下さい!

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

*ご面倒でも両方のクリックをお願いします。

*現在、にほんブログ村のポイントは恣意的に操作されている疑いがあり、情報を集めています。にほんブログ村とムラウチドットコムについての情報をお持ちの方はご協力をお願い致します。

詳細はコチラ→にほんブログ村のランキング不正操作疑惑について

フジテレビ抗議デモまとめ  http://fijidemo87.wiki.fc2.com/

 *BPOの問い合わせ先  http://www.bpo.gr.jp/audience/send/

 *総務省への意見     http://www.soumu.go.jp/

 *文部科学省への意見  http://www.mext.go.jp/mail/index.html

公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

kuroneko_azをフォローしましょう

Fpu007

FPU(フィギュアスケート保護連合)へ、ご協力下さい。

FPUは全てのフィギュアスケーターが公平な採点を受けられることを目標としている団体です。特定選手の応援や、政治的・宗教的な考えを強制することはありません。

フィギュアスケートの未来に不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方は、是非ともFPUのホームページをご覧下さい。

FPUホームページ  http://fpu.nobody.jp

FPU公式ブログ  http://fpu1.cocolog-nifty.com/blog/

☆ お 知 ら せ ☆

FPUの公式ブログがスタートしました!

誹謗中傷を繰り返す悪質なkiki_dide氏とその仲間~その1

にほんブログ村のランキング不正操作疑惑について

被災地の小さな命を救いたい・・・

フィギュアスケートのジャンプ解説

フィギュアスケートの基礎

フィギュアスケート講座

フィギュアスケート技の解説

2011年11月29日 (火)

SHOEI NEOTEC誕生!・・・ヘルメット問題再び

北海道は、これから長い冬を迎えます。

そうなると、積雪の為バイクには乗れなくなってしまいます。

乗れないとなると、無性に乗りたくなってしまいますが、不可能ですから違う事で気を紛らわそうとします。

私の場合は、来季のヘルメットを考える事がそれに該当します。

それで毎年、冬になるとヘルメット問題が勃発するのです。

現在使用しているヘルメットは、ショウエイZ-6のヤマハモデルである、『BICEPS』というモデルですが、これは昨年の10月に購入したものです。

Neotec012

今年はまだ雪が降り積っていませんでしたから、ようやくヘルメットで悩む時期に入ったわけです。例年より1ヶ月程遅いです。

昨年は、ブログにしていませんが、2年前にはバカバカしい悩みをツラツラと書き連ねていました。

以下のエントリーです。

ヘルメット

猫ヘルメット

猫ライダーZ

ヘルメット問題解決編

猫ライダーZはついでです・・・( ̄Д ̄;;

これらの記事をアップした頃に購入したシステムヘルメットはショウエイと併用して被っていますが、いかんせん重いのです。

W_007

そこで軽量のジェットタイプのヘルメットも買ったのですが、こちらはシールドの下から風の巻き込みがあって、目がショボついたり、疲れが出たりと・・・

まあ、パーフェクトというヘルメットは存在しないのですから仕方ありません。

私の考える理想的なヘルメットは、フルフェイス型でありながら、ジェットヘルメットのように使えるシステム型(フリップアップ式)なのです。

しかし、開閉機構とロックを有するシステム型は重くなりがちですし、今使用しているもののように、インナーバイザーを内蔵していると更に重量がかさみます。何かいいのは無いかと思っていたら・・・

Neotec013

クレストのインナーバイザー付きフリップアップシステムヘルメット『アルファ』というのがありました。

インナーバイザー付きで1万円台というお手頃な価格と、画像で見る限りではなかなかのデザインで購買意欲がそそられます。

ただ、レビューを見ると、帽体は大きいようですし、重いようです。

それなら、今のシステムヘルメットと大きな違いは無いかもしれません。

LS2というヘルメットもインナーバイザー付きですが、これも重いようです。

Ls2001Ls2002

インナーバイザーにこだわるなら、BEONというメーカーからスタイリッシュなジェットヘルメットが販売されていました。

しかも、1万円でおつりが・・・

フルフェイスのヘルメットはあるのですから、チョイ乗り用に使ってみるのもいいかもしれません。

Ls2003

ただ、所詮はジェットヘルメットですから、安全面ではあまり期待できません。

そんな時に衝撃のニュースが!!

何とショウエイから新型のシステムヘルメットが発売されるのです!

その名は、『ネオテック』

今までショウエイが避けていたインナーバイザーを装備し、アゴ紐はヘルメット装着が容易なワンタッチバックルになっています。

Neotec001Neotec003

何だか凄くカッコイイように見えるのですが・・・マルチテックの下ぶくれフェイスが嘘のように消えています。

動画も公開されていました。

Neotec - nowość SHOEI 2012

Neotec004Neotec006Neotec007Neotec008

http://neotec.shoei-europe.com/#impressions

このネオテック、ヨーロッパでは来年早々の販売が決定しているそうですが、日本で販売するかどうかは決まっていないようです。

そんな、バカな・・・ショウエイは日本の会社ではありませんか。新製品は真っ先に日本へ投入して欲しいです!

マルチテックよりも高額になるでしょうが、このデザインで、インナーバイザー付きならかなり売れそうです。

日本もヨーロッパと同時に販売して欲しいですが・・・まさか日本を考慮していない商品になっているのでしょうか?

◆ブログランキングに参加しています!皆さまのクリックで応援して下さい!

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

*ご面倒でも両方のクリックをお願いします。

*現在、にほんブログ村のポイントは恣意的に操作されている疑いがあり、情報を集めています。にほんブログ村とムラウチドットコムについての情報をお持ちの方はご協力をお願い致します。

詳細はコチラ→にほんブログ村のランキング不正操作疑惑について

Fuji040

フジテレビ抗議デモまとめ  http://fijidemo87.wiki.fc2.com/

 *BPOの問い合わせ先  http://www.bpo.gr.jp/audience/send/

 *総務省への意見     http://www.soumu.go.jp/

 *文部科学省への意見  http://www.mext.go.jp/mail/index.html

フジテレビ抗議デモをこっそり撮影してたフジ社員

kuroneko_azをフォローしましょう

FPU(フィギュアスケート保護連合)へ、ご協力下さい。

FPUは全てのフィギュアスケーターが公平な採点を受けられることを目標としている団体です。特定選手の応援や、政治的・宗教的な考えを強制することはありません。

フィギュアスケートの未来に不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方は、是非ともFPUのホームページをご覧下さい。

FPUホームページ  http://fpu.nobody.jp

☆ お 知 ら せ ☆

誹謗中傷を繰り返す悪質なkiki_dide氏とその仲間~その1

にほんブログ村のランキング不正操作疑惑について

被災地の小さな命を救いたい・・・

フィギュアスケートのジャンプ解説

フィギュアスケートの基礎

フィギュアスケート講座

フィギュアスケート技の解説

2010年12月10日 (金)

世界のスーパーカーに殴りこみ~日産GT-R

日産GT-Rは、スカイラインGT-Rの後継車種で、初代スカイラインGT-Rから数えて6代目のモデルとなり、GT-Rシリーズとしては第3世代に当たります。

車両型式は先代のR34型のスカイラインGT-Rからの通し番号となるR35型ですが、11代目のV35型以降のスカイラインシリーズとは異なります。

Gtr001

R35型は車名から「スカイライン」が消滅しただけではなく、プラットフォームやドライブトレインがすべて新開発となるなど独立した車種となっているのです。

このモデルは全世界での販売がなされおり、左ハンドルを用意した世界規模での販売は、GT-RとしてはR35型が初めてです。

Gtr002

2007年10月24日に開催された第40回東京モーターショーで量産型の発表が行われ、日本では同年12月6日から発売され、北米では12月のロサンゼルスオートショーで初公開されました。

Gtr003

発売から約3年後となる2010年9月のモンディアル・ド・ロトモビルでは2011年モデル(=マイナーチェンジモデル)が披露され、エンジンを中心としたメカニズム面および空力性能を含めた内外装デザインが熟成され、新グレード「クラブトラックエディション」および「エゴイスト」が追加され、日本では11月17日より販売がスタートしました。

Gtr004

プラットフォームは『プレミアム・ミッドシップ・プラットフォーム』と呼称されるGT-R専用に開発されたもので、エンジンを車両前方に、クラッチ・トランスミッション・トランスファーを車両後方に配置する、世界初の独立型トランスアクスル レイアウトを採用しています。

Gtr005

駆動方式はR32型以降のスカイラインGT-Rと同様に4WDとなり、四輪駆動システムにはR32型以降のGT-Rにも採用されているアテーサE-TSの改良版が採用されました。2010年11月のマイナーチェンジ以降のモデルではタイトコーナーブレーキング現象を防ぐために10km/h以下の速さでハンドルを半回転以上切ったとき後輪駆動となる「2WD」モードが追加されています。

Gtr006

エンジンは、GT-R用に専用開発されたVR38DETT型エンジンを搭載しています。排気量は3.8L、バルブ数は24バルブで、2基のターボチャージャー(ツインターボ)で過給されます。高出力時の剛性を確保するため、VQエンジンのオープンデッキではなく、クローズドデッキを採用しました。

またエンジンブロックには低炭素鋼をプラズマ溶射でコーティングしたライナーレス構造を採用して、ボア間温度を約40℃程度下げ、約3kgの軽量化を実現させています。ライナーを持つ構造の場合はその厚みが数mmとなりますが、プラズマコーティングはわずか0.15mmの皮膜しか持たないため、熱効率も向上し、高出力エンジンでありながら良好な燃費を確保することに成功しました。

Gtr007_2

高い横Gのかかる状態でも問題なくオイルの潤滑を行うために、ラテラルウェット&ドライサンプ方式を取り入れ、冷却系の多層式ラジエター、ツインインタークーラーなどと共に、サーキット連続走行、300km/h走行が可能な能力を有するエンジンとなっています。

使用燃料は無鉛プレミアムガソリン専用で、無鉛レギュラーガソリンの使用は禁止されています。プラズマコーティングボアを採用している上、高出力エンジンであるため、エンジンオイルはメーカー指定品のみとされています。

Gtr008

2008年4月17日、ドイツのニュルブルクリンク(北コース)で、データレコーダーとビデオを搭載し市販車よりも車重が50kg重い状態で、開発ドライバーである鈴木利男が運転したGT-Rが、7分29秒3という当時の市販車最速タイムを記録しました。

このタイムに関してポルシェから疑惑の声が上がったのです。ポルシェがアメリカで購入した車両でテストを行った結果、GT-Rのタイムは7分54秒で、同時に計測された911ターボのタイムは7分38秒、911GT2のタイムは7分34秒だったそうなのです。しかし、GT-Rとポルシェは様々なメディアにおいて比較されており、動力性能はほぼ互角であることが明白であったので、ポルシェが計測したほどの差がつくのは不自然であると言う声が関係者の大勢でした。

これがニュル7分29秒証拠ビデオだ!日産 GT R 対 ポルシェ 911 場外バトル

初期モデルは今までの国産車には無かったような凄まじい走りを堪能できる車でしたが、世界最高レベルの車にはやや及ばない部分がありました。

Manthey M700 vs. R35 GT-R vs. Gallardo LP560-4 vs. Ferrari F460GT vs. Lotus Exige - part1/2 (HQ)

Manthey M700 vs. R35 GT-R vs. Gallardo LP560-4 vs. Ferrari F460GT vs. Lotus Exige - part2/2 (HQ)

また、GT-Rは2011モデルで530馬力へとパワーアップしましたが、これは世界のライバルはもちろん、今月デビューするレクサスLFAへの対抗意識もあるのではないかと推測されます。

【試乗】日産 GT-R 2011年モデル

Lfa001

レクサスLFA ボディタイプ 2ドアクーペ(乗車定員 2人) エンジン:1LR-GUE型(4.8L V10) 最高出力:412kW (560PS) /8,700rpm 最大トルク:470N·m (48.9kgf·m) /6,800rpm 変速機:6速ASG 駆動方式:FR サスペンション:前・ダブルウィッシュボーン/後・マルチリンク 全長:4,505 全幅:1,895 全高:1,220 ホイールベース:2,605 車両重量:1,480kg

2012 Lexus LFA vs 2010 Nissan GT-R

FPU(フィギュアスケート保護連合)へ、ご協力下さい。

FPUは全てのフィギュアスケーターが公平な採点を受けられることを目標としている団体です。特定選手の応援や、政治的・宗教的な考えを強制することはありません。

フィギュアスケートの未来に不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方は、是非ともFPUのホームページをご覧下さい。

FPUホームページ  http://fpu.nobody.jp/

☆ お 知 ら せ ☆

フィギュアスケートのジャンプ解説

フィギュアスケートの基礎

フィギュアスケート講座

フィギュアスケート技の解説

2010年12月 7日 (火)

NISMO 『R34 GT-R Z-Tune』 究極のスカイライン

GT-Rと言えば、日産が誇るスーパーカーです。2008年4月17日にはドイツのニュルブルクリンク(北コース)で、開発ドライバーである鈴木利男が運転したGT-Rが、7分29秒3という当時の市販車最速タイムを記録しました。この記録にポルシェが異論を唱えたのは有名な話です。

現在は独立した車種設定ですが、以前はスカイラインのバリエーションの一つでした。

Nismo_r34_gt_r_z_tune_001_2

このR35型GT-Rがデビューする以前の2005年。

ニスモより究極のロードカーを目指したスカイラインが発表されました。

Nismo_r34_gt_r_z_tune_002Nismo_r34_gt_r_z_tune_052

RB26DETTを2800cc化(2,771cc)して最高出力368kw (500ps) ・最大トルク540Nm (55kgm) 以上というスペックを誇ったその車こそ

『NISMO R34 GT-R  Z-Tune』

Nismo_r34_gt_r_z_tune_016Nismo_r34_gt_r_z_tune_047

究極の『スカイラインGT-R』と言って間違い無いマシンです。

僅か20台の限定、1774万5000円という価格で発売されました。

Nismo Skyline R34 GTR Z-Tune on Nurburgring

Subaru Impreza S204 vs corvette Z06 vs Nismo R34 GT-R Z-Tune vs Murcielago Tsukuba Battle

Nismo GTR Z-Tune R34 [HD Quality]

FPU(フィギュアスケート保護連合)へ、ご協力下さい。

FPUは全てのフィギュアスケーターが公平な採点を受けられることを目標としている団体です。特定選手の応援や、政治的・宗教的な考えを強制することはありません。

フィギュアスケートの未来に不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方は、是非ともFPUのホームページをご覧下さい。

FPUホームページ  http://fpu.nobody.jp/

☆ お 知 ら せ ☆

フィギュアスケートのジャンプ解説

フィギュアスケートの基礎

フィギュアスケート講座

フィギュアスケート技の解説

2010年12月 3日 (金)

フェアレディZの実力~Z34は進化したのか?

日本を代表するスポーツカーと言われているフェアレディZ。高性能で安価なスポーツカーという理念は今でも変わっていません。

Z003Z001Z002Z004

また、ロードスターやバージョンニスモなどの豊富なバリエーションがあり、世界100カ国以上の国で販売されています。

Z006Z005

先代のZ33型と比較すると、排気量を3.7Lに増大させ、ホイールベースを100mm短縮させ、ボディ剛性が向上したZ34型は、どれだけ進化しているのでしょうか?

MCR 370Z vs. BOSS 350Z - 3 laps race (HQ)

370Z S-tune vs. 911 Carrera PDK vs. Carrera S PDK vs. Carrera 4 PDK vs. Carrera 4S PDK (HQ)

Nismo Fairlady 370Z vs. Boxster S vs. Cayman S vs. BMW Z4 sDrive35i vs 911 Carrera S

Impreza WRX STI Spec C vs. 370Z Nismo vs. Cayman S PDK vs. BMW M3 M-DCT vs. Lotus Exige Cup 260 (HQ)

FPU(フィギュアスケート保護連合)へ、ご協力下さい。

FPUは全てのフィギュアスケーターが公平な採点を受けられることを目標としている団体です。特定選手の応援や、政治的・宗教的な考えを強制することはありません。

フィギュアスケートの未来に不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方は、是非ともFPUのホームページをご覧下さい。

FPUホームページ  http://fpu.nobody.jp/

☆ お 知 ら せ ☆

フィギュアスケートのジャンプ解説

フィギュアスケートの基礎

フィギュアスケート講座

フィギュアスケート技の解説

2010年12月 1日 (水)

スーパーカー!ホンダNSX

生産が終了して、これほど残念な車はありません。

ホンダのNSXです。

Nsx003

名前は、ホンダの新しいスポーツカー、「ニュー」「スポーツカー」と未知数を表す「X」を合成させたNewSportsCarXの略称だそうです。

世界のスポーツカーを凌駕すべく、過酷なコースレイアウトで有名なドイツのニュルブルクリンク等で走行テストを繰り返し実施しました。当時ニュルブルクリンクでの走行テストは、テスト車両のみを持ち込み走り込むというものが主流である中で、サーキットに程近いミューレンバッハ村にテスト基地を建設して、8か月もの長期間に渡って走行テストを繰り返しました。その結果、当時世界初のオールアルミ製軽量高剛性ボディーが完成したのです。

Nsx002

外見の特徴であるリアオーバーハングの長さは、バブル期の登場故に、ゴルフバッグを入れる為と揶揄されましたが、本当の理由は、マフラーをエンジンルームから遠ざけることで、ルーム内の温度上昇を防ぎエンジン補機類の寿命を延長することと、空力性能の向上により高速走行時の姿勢安定性の向上のためでした。

Nsx001

また、当時のスーパースポーツの多くは車中心の考え方で設計されており、運転姿勢や快適装備などでドライバーに負担を強いる部分がありましたが、NSXではドライバー中心の設計が為されていました。

Nsx004

2002 Honda NSX-R Promotion Video - Part 1

2002 Honda NSX-R Promotion Video - Part 2

筑波バトル (1/2)

筑波バトル (2/2)

FPU(フィギュアスケート保護連合)へ、ご協力下さい。

FPUは全てのフィギュアスケーターが公平な採点を受けられることを目標としている団体です。特定選手の応援や、政治的・宗教的な考えを強制することはありません。

フィギュアスケートの未来に不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方は、是非ともFPUのホームページをご覧下さい。

FPUホームページ  http://fpu.nobody.jp/

☆ お 知 ら せ ☆

フィギュアスケートのジャンプ解説

フィギュアスケートの基礎

フィギュアスケート講座

フィギュアスケート技の解説

2010年11月26日 (金)

20世紀の名車~一世を風靡した『デートカー』ホンダプレリュード

今はクーペというスタイルの国産車はほとんど残っていません。

以前は、若い男性が女性をデートに誘う時にスポーツカーに乗っているというのがポイントアップの条件でしたが、最近の女性はスポーツカーをカッコイイとはあまり思わなくなったようです。

少々寂しい気もしますが、これも時代の流れなのでしょうか。

Photo

今回取り上げるホンダプレリュードは、1978年11月24日に、145クーペ以来の2ドアクーペとして登場しました。ベルノ店専売モデルとして、NSXが登場するまではフラッグシップの位置付けで、日本国内よりも日本国外での販売が好調で、約4年における総生産台数約31万3,000台のうち、80%程度が輸出向けだったそうです。

デザインは当時のホンダ車の流れですが、今見るとやぼったいですね。

001_4002_3

プレリュードが注目されたのは、1982年11月25日に販売された2代目からです。2代目のキャッチコピーは『FFスーパーボルテージ』で、その名に恥じぬ斬新なデザインでした。

フロントサスペンションにダブルウィッシュボーンを採用し、リトラクタブル・ヘッドライトと相まって、先代よりボンネットフードが80~100mm低くされました。ワイパーに、他社のクーペが採用していたフロント1アーム・シングルワイパーを適用するなど、女性にも好評なスタイルで、運転席側にも助手席リクライニングノブがついており「デートカー」という言葉を生み出しました。オプションとして、日本初の4wA.L.B.(4輪ABS)が「XZ」(5速MT車のみ)、「XX」に設定されたことも話題になりました。

1982 Honda prelude ad BOLERO 1

1985 Honda prelude ad BOLERO 5

003_2004_2 005_2

1987年4月9日に登場した3代目は、先代を継承するデザインを採用したキープコンセプトなスタイルでした。2代目が日本初の4輪ABSを採用したように、量産乗用車では世界初となる機械式4WSを搭載し,TVCMのBGMには映画「地下室のメロディー」のメインテーマが起用され、4WSの動作を最大限にアピールするものとなっていました。

1987 HONDA Prelude Ad La Melodie en Sous-Sol 1

プレリュード / ホンダ

1989 Honda prelude ad NOUVEAU 1

1990 Honda prelude ad NOUVEAU 4

デートカーとして一世を風靡したプレリュードでしたが、日産のシルビア(S13型)が登場してその座を明け渡し、4代目ではコンセプトの変更とクーペ需要の衰退、さらに3ナンバー化されたことが要因となり、販売は低迷し、以前のイメージを復活させた5代目でも需要は回復せず、2001年4月に販売を終了しました。た。

006007

私の印象に残っているのは3代目のプレリュードです。低く身構えたシルエットとリトラクタブルヘッドライトがとても印象的でした。もう、こういう車は販売されないのでしょうね・・・

FPU(フィギュアスケート保護連合)へ、ご協力下さい。

FPUは全てのフィギュアスケーターが公平な採点を受けられることを目標としている団体です。特定選手の応援や、政治的・宗教的な考えを強制することはありません。

フィギュアスケートの未来に不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方は、是非ともFPUのホームページをご覧下さい。

FPUホームページ  http://fpu.nobody.jp/

☆ お 知 ら せ ☆

フィギュアスケートのジャンプ解説

フィギュアスケートの基礎

フィギュアスケート講座

フィギュアスケート技の解説

2010年11月25日 (木)

20世紀の名車~三菱スタリオン

1982年、ギャランΛ/エテルナΛの後継車種として三菱スタリオンは発表されました。

001_2

車名のスタリオン(Starion)は、StarとArionを合成した造語です。

当初はG63B型直列4気筒SOHC2バルブ、サイレントシャフト付き2000ccターボ(タービンは三菱TC05-12Aを採用)と、同自然吸気エンジンの2本立てでスタートしました。

003004

後に、日本車の市販車で初の空冷式インタークーラーターボを装備するモデル、可変バルブ機構式3バルブエンジン+インタークーラーターボのG63BシリウスDASH3×2エンジンを積んだ2000GSR-V、3ナンバーサイズとなるブリスターフェンダーを採用した2000GSR-VR、そのボディにギャランΛ/エテルナΛや初代デボネアに搭載されていたサイレントシャフト付き2600ccのG54B型にインタークーラーターボを装着した2バルブエンジン(シリウスDASH3×2ではない)を積む2600GSR-VRが加わりました。

002_2

角張ったボディデザインはアメリカ市場を意識したもので、競合車種はポルシェ・924ターボが想定されていました。そのため発売当初より自動車専門誌にサーキットでの924ターボとの比較テストの模様を掲載する広報活動も行われたそうです。

005

日本では不人気だったので、知らない方も多いかもしれませんが、東本昌平の『SS(エスエス)』というスタリオンのラリー仕様車が出てくるコミックが哀川翔主演で2007年に映画化されたので、それで存在を知った人もいると思います。

MITSUBISHI MOTORS STARION 4WD

MITSUBISHI STARION 4WD Part.1

MITSUBISHI STARION 4WD Part.2

Mitsubishi Starion drifting around forest elbow

Mitsubishi Starion 2600 GSR-VR

FPU(フィギュアスケート保護連合)へ、ご協力下さい。

FPUは全てのフィギュアスケーターが公平な採点を受けられることを目標としている団体です。特定選手の応援や、政治的・宗教的な考えを強制することはありません。

フィギュアスケートの未来に不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方は、是非ともFPUのホームページをご覧下さい。

FPUホームページ  http://fpu.nobody.jp/

☆ お 知 ら せ ☆

フィギュアスケートのジャンプ解説

フィギュアスケートの基礎

フィギュアスケート講座

フィギュアスケート技の解説

2010年11月22日 (月)

RJCカーオブザイヤー受賞~新型スイフトの実力

スズキ「スイフト」が「2011 RJCカー・オブ・ザ・イヤー」を受賞

(2010.11.16 Car Watch)

Sw001

RJC(日本自動車研究者・ジャーナリスト会議:Automotive Researchers' & Journalists' Conference of Japan)は11月16日、ツインリンクもてぎにおいて2011年次の「RJCカー・オブ・ザ・イヤー」の選考会を開催した。年次を記念するにふさわしい自動車に与えられる「RJCカー・オブ・ザ・イヤー」のほか、輸入車部門の「RJCカー・オブ・ザ・イヤー(インポート)」、最も優れた技術に与えられる「RJCテクノロジー・オブ・ザ・イヤー」が決定した。

RJCカー・オブ・ザ・イヤーは、2011年次で第20回を迎えることとなった。今年の選考会も昨年同様、1次選考で選出された各部門6車種(6つの技術)が、ツインリンクもてぎに持ち込まれ、最終試乗会を午前中に開催。13時に投票が開始され、14時に開票が始まった。

投票するメンバーは、自動車研究者・ジャーナリストの56名。投票は、各審査員が持ち点21点を持ち、1次選考で選ばれた6ベストに、6、5、4、3、2、1点を配点。最大56票となるので、満点は336点となる。

■RJCカー・オブ・ザ・イヤー

6ベストに選ばれたのは、本田技研工業「CR-Z」「フィット ハイブリッド」、マツダ「プレマシー」、三菱自動車工業「RVR」、日産自動車「マーチ」、スズキ「スイフト」。

見事RJCカー・オブ・ザ・イヤーに輝いたのは、288点を獲得したスイフト。以下、マーチ(258点)、フィット ハイブリッド(215点)、CR-Z(148点)、プレマシー(147点)、RVR(120点)と続いた。

点数を見れば分かるように、スイフトとマーチが激しい争いとなり、そこにホンダのハイブリッド2車が続く展開。上位4台をコンパクトカークラスの車が占めた形となった。

スイフトは、先代モデルもRJCカー・オブ・ザ・イヤーを受賞しており、スズキとしては一昨年のワゴンR/ワゴンR スティングレー以来の受賞となる。

Sw002

このスイフトという車、激戦のコンパクトカークラスではあまり目立たない存在ですが、実はいい車です。フィットのように売れているわけでも、マーチのように海外生産で安いわけでも、ヴィッツのように知名度が高いわけでもありませんが、見切りが良く運転し易いコンパクトでスッキリしたボディーと実用燃費とほどほどのパワーを両立した1200ccのエンジン、安定した足回りなどバランスの良い車です。

Sw003

コンパクトクラスでは、パワーよりも燃費の良さが優先される傾向がありますが、フィットよりも100cc小さな1200ccのエンジンとすることで、実際の燃費向上を狙っています。またマーチも1200ccですが、あちらは3気筒のエンジン。スイフトは4気筒とすることで、騒音・振動などの快適性で優位に立ちます。

実際に乗ってどうなのか?動画を見て下さい。

【世界最速!!】新型スイフト試乗【XaCAR】

【新型スイフト】のスゴイ進化度を試乗チェック1/4(R171~名神高速下り)

【新型スイフト】のスゴイ進化度を試乗チェック2/4(~名神高速下り~)

【新型スイフト】のスゴイ進化度を試乗チェック3/4(名神下り~吹田IC)

【新型スイフト】のスゴイ進化度を試乗チェック4/4 まとめ総括編★

【袖森】スズキ新型スイフト・サーキット試乗

なかなか侮れない車、スズキスイフト。地味な存在ですが、飽きのこない車です。

Sw004

FPU(フィギュアスケート保護連合)へ、ご協力下さい。

FPUは全てのフィギュアスケーターが公平な採点を受けられることを目標としている団体です。特定選手の応援や、政治的・宗教的な考えを強制することはありません。

フィギュアスケートの未来に不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方は、是非ともFPUのホームページをご覧下さい。

FPUホームページ  http://fpu.nobody.jp/

☆ お 知 ら せ ☆

フィギュアスケートのジャンプ解説

フィギュアスケートの基礎

フィギュアスケート講座

フィギュアスケート技の解説

2010年11月19日 (金)

ホンダCR-Zは速いのか?運転テクニックは車の性能を凌駕できるのか?

世界初のハイブリッドスポーツCR-Zはどの程度の実力なのでしょうか?

また、車の性能差を運転技術でカバーすることは可能なのでしょうか?動画を見ていて気になりました。

【Car Of The Year】Honda CR-Z 2010-2011

新世代の"モーター"スポーツ! ハイブリッドスポーツCR-Z(HONDA CR-Z)

土屋圭市 もてぎでモデューロCR-Zを走らす : XaCAR(ザッカー)2010年4月号

土屋圭市 「ハチロクでヘタクソGT-Rに勝てるのか」

公道ではあくまで安全運転を心がけましょう・・・

ブログネタ: 2010年”カー・オブ・ザ・イヤー”乗ってみたいのは?参加数拍手

FPU(フィギュアスケート保護連合)へ、ご協力下さい。

FPUは全てのフィギュアスケーターが公平な採点を受けられることを目標としている団体です。特定選手の応援や、政治的・宗教的な考えを強制することはありません。

フィギュアスケートの未来に不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方は、是非ともFPUのホームページをご覧下さい。

FPUホームページ  http://fpu.nobody.jp/

☆ お 知 ら せ ☆

フィギュアスケートのジャンプ解説

フィギュアスケートの基礎

フィギュアスケート講座

フィギュアスケート技の解説