« グランプリファイナルと衆議院議員総選挙 | トップページ | 恥ずかしい人達 »

2014年12月12日 (金)

勝負の時

努力して結果が出ると、自信になる。

努力せず結果が出ると、傲りになる。

努力せず結果も出ないと、後悔が残る。

努力して結果が出ないとしても、経験が残る。

               発言者不明

努力は必ず報われる。 もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない。

               王 貞治

努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る。

               井上 靖

グランプリファイナルが開幕しました。

グレイシー・ゴールドの左足疲労骨折により繰り上げ出場となった本郷理華はSPで自己ベストを更新する61.10点をマークし、5位スタートとなりました。

首位はエリザベータ・トクタミシェワ 67.52、2位ユリア・リプニツカヤ 66.24、3位エレーナ・ラジオノワ 63.89、4位アンナ・パゴリラヤ 61.34、6位アシュリー・ワグナー 60.24という結果です。

得点を比較すると、上位と大きな差があるように見えますが、TESは33.96と3番目であり、SPの演技を見てフリーのPCSは上がるでしょうから、表彰台の可能性は残されています。

但し、上位3人の誰かがミスした場合という条件付きですが・・・

今季はなかなかフリーをまとめられないリプニツカヤと、ダブルアクセルからジャンプを乱してしまうパゴリラヤの二人が、どんなフリーを演じるのか、そしてここまで次々と自己ベストを更新し続けている本郷理華がこのままの勢いでファイナルを乗り切れるのか・・・ロシアが表彰台独占という結果になりそうだった女子ですが、面白い展開になりそうです。

男子は、羽生結弦が調子を上げていると報じられていますが、町田樹とハビエル・フェルナンデスの優勝争いになるような気がします。

ただ、SPを上手くまとめることが出来れば、羽生結弦が連覇を成し遂げてしまうかもしれません。

今の状態では難しいでしょうが、多くのファンはミラクルを期待しているようです。

期待するのは結構ですが、それが過ぎると自称医療関係者のように、自分を正当化しようと必死になっておかしな発言を繰り返し、周囲から白い目で見られてしまうかもしれません。

脳震盪に関してはこれらとは別のレベルで考えた方が良いと思いますが、そもそも素人が、ネットでさらった知識程度をベースに報道や映像で見た断片的な情報で、現場にいたわけでもないのに「想像に想像を重ねて何を語っているんだろう?」というのが素直な感想です。縫合についてアレコレ論じているのをみて「素人と専門家には絶対に超えられない壁があるんだなあ」としみじみ思ってました。皆さんの中に専門職に従事している方がいらっしゃいましたら、同様なシチュエーションで同じ様な感想もあるかと思います。「外野は黙っていろとでも言うのか!」とか言う人。単純に専門職の経験がないんでしょう。

???何を言っているのでしょうか?

どこまでも、自分の感動を優先したいようですね。

呆れてしまいます。

『自称医療関係者』ではなく、羽生結弦のメディカルサポートをしているTadashi Tad Aoshima氏がフェイスブックで『サポートメンバーとして現場に存在していたら羽生選手の現在のコンディションを知っている責任上、絶対に試合を棄権させていたということです』と述べていたことをご存知ないのでしょうか?

詳細は下記リンクより確認できます。

Tadashi Tad Aoshima 羽生選手のアクシデント

10455671_385702284930752_7533608673

これが良識ある的確なコメントではないでしょうか?

自称医療関係者の無責任で底が浅いコメントとは全く違いますね。

ところで、今季からジャンプの判定が厳しくなりました。

ジャンプ構成を変更する選手が多くなっているのはそれを反映した結果ですし、リプニツカヤがフリーでミスを繰り返してしまうのもその影響です。

スポーツですから、厳格な判定を行うことは必要です。

しかし、その判定が正しく公平に行われなければ意味がありません。

何度も言っていますが、確認する映像は、1台のカメラで撮影されたものです。

ジャンプを跳ぶ位置によって、正確に判断出来ず、ジャッジの経験と勘に委ねる部分が出てしまうのです。

スポーツには映像判定が増えています。判定結果の映像は公開されて、スリリングな瞬間を見ることが出来る様になりました。

フィギュアスケートも、同じことができるのではないでしょうか?

複数のカメラを使い、ジャンプの瞬間をとらえ、誰からも異論が無い判定を下すことは不可能ではありません。

公平になることを良しとしない人達が存在しているようです。

そういう人達は、次世代の党が『公平なジャッジ』を求める活動を行うことに危機感を抱き、この活動を潰そうと躍起になっています。

当初は『票目当て』と騒いでいましたが、票にならない活動だと論破されると、今度は背後に怪しげな人間がついているから信用出来ないと言いだしたようです。

そう叫んでいる方々は、なぜかキム・ヨナは世界一のスケーターだと信じており、彼女への批判が誹謗中傷だと騒いでいる感性の持ち主です。

論理的な話になると、感情論で煙に巻こうとするのに、キム・ヨナを嫌う声には『感情的になるのは間違っている』と高説を垂れるという矛盾に満ちた人達です。

この方々は、以前フィギュアスケートファンの間で『フェアジャッジ』の横断幕が掲げられた時も、モラルを持ち出して潰そうとしていましたね・・・

そういう人間が存在するから、ますます判定が胡散臭いものとして認識されていくのです。

次世代の党緊急座談会「国際試合に公正なジャッジを〜Fair judging for all athletes!」

マスコミはしきりと「今回の選挙は投票率が低くなります」と報じています。また、選挙結果については自民党が大勝するだろうと報じています。

「投票率が低く結果が見えているなら投票しなくてもいいか」と国民に思わせようとしているかのようです。

それはなぜか?

投票率が低いと組織票のある政党が有利になります。

安定した組織票を持っているのは、創価学会がバックの公明党と、日本労働組合総連合会が付いている民主党です。

もちろん自民党にも安定した組織票はありますが、都市部では安定しているとは言えません。

次世代の党のような小さな政党は、投票率が低くなればなるほど不利になってしまいます。

マスコミは自民党の大勝を報じながら、投票率の低下によって、組織票のある公明党を躍進させ、民主党の凋落を最小限に止めようと画策しているのです。

有権者が次世代の日本人である子供や孫のことを忘れて投票を放棄して喜ぶのは誰でしょうか?

それを考えるべきではありませんか?

◆ブログランキングに参加しています!皆さまのクリックで応援して下さい!

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

≪ ご 案 内 ≫

『フィギュアスケート 銀盤の疑惑』は全国の書店で好評発売中です。

スマイルheartプロジェクトを応援して下さり、ありがとうございます。寄付金とメッセージの受け付けは3月14日で終了しました。皆様のご支援に感謝申し上げます。

スマイル・プロジェクトのブログは→コチラをクリックして下さい。

雑談などにご利用下さい→『ゆきの小部屋~その10』

*ブログの避難所を開設しました→コチラをクリックして下さい。

浅田真央 ソチ伝説のフリー ~ 高音質+会場音声で迫力満点!

Sochi LP TOP 4 Step

朴政権の「報道弾圧」を批判 米紙ワシントン・ポスト 卵投げつけにも言及

(2014.12.11 産経ニュース)

【ワシントン=青木伸行】米紙ワシントン・ポスト(電子版)は10日、産経新聞の加藤達也前ソウル支局長が名誉棄損(きそん)で訴追されている問題などを取りあげ、韓国の朴槿恵(パク・クネ)政権と政府が報道機関を「弾圧」している実態を、批判的に報じた。

「ジャーナリストは、報道機関への弾圧を懸念している」と題する記事はまず、韓国では「民主主義の根幹をなす言論・報道の自由が脅かされている」と指摘。朴氏の父親、朴正煕(チョンヒ)元大統領の「負の遺産」ともいえる言論・報道の自由の抑圧が、「より頻繁になっている」と強調した。

そのうえで、加藤前支局長の事案は韓国内のみならず、国際的に「波紋を広げている」とし、起訴は「極めて政治的なものだとみなされている」と指摘した。

そして、ワシントン・ポスト紙に対し加藤前支局長が語った「今回の件は朴氏がいかなる指導者であり、どのような性格であるかを示している」とのコメントを引用した。

また、加藤前支局長の家族は日本に帰国したものの、本人は8月から出国を禁止され、加藤前支局長が乗った車に生卵が投げつけられたことにも言及した。

Wor1412110032p1

初公判を終え、ソウル中央地裁をあとににする際、加藤達也前ソウル支局長を乗せた車が抗議デモ団に囲まれ生卵が投げられるなど妨害行為が行われた =韓国・ソウル (大西正純撮影)

12月14日は勝負の時です。

自由に発言できる民主的な社会を望むのか、大統領を批判する声を徹底的に弾圧する韓国のような社会を望むのか?

決めるのは国民です。

皆さんの1票が国の行く末を決めると言うことを忘れてはいけません。

◆ブログランキングに参加しています!皆さまのクリックで応援して下さい!

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

FPUからのお知らせ

*FPUではブログサポーターを募集しています。詳細については、下記をクリック願います。

ブログサポーターを募集します!(FPU公式ブログ)

Fpu007

FPU(フィギュアスケート保護連合)へ、ご協力下さい。

FPUは全てのフィギュアスケーターが公平な採点を受けられることを目標としている団体です。特定選手の応援や、政治的・宗教的な考えを強制することはありません。

フィギュアスケートの未来に不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方は、是非ともFPUのホームページをご覧下さい。

FPUホームページ  http://fpu.nobody.jp

FPU公式ブログ  http://fpu1.cocolog-nifty.com/blog/

お問い合わせ先一覧(下記の文字をクリックして下さい)

■日本スケート連盟 メールアドレス jsf@skatingjapan.or.jp

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育館内

TEL : 03-3481-2351

▲首相官邸 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

▲ 自民党 https://ssl.jimin.jp/m/contact

*BPOの問い合わせ先

*厚生労働省 お問い合わせ窓口

*外務省~監察査察意見提案窓口

*外務省~ご意見・ご感想(メールフォーム有)

*総務省への意見

*文部科学省への意見

*公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

kuroneko_azをフォローしましょう

* 今 日 の 猫 *

猫に生まれて初めて鏡を見せてみた

☆ お 知 ら せ ☆

FPUの公式ブログ

誹謗中傷を繰り返す悪質なkiki_dide氏とその仲間~その1

にほんブログ村のランキング不正操作疑惑について

被災地の小さな命を救いたい・・・

フィギュアスケートのジャンプ解説

フィギュアスケートの基礎

フィギュアスケート講座

フィギュアスケート技の解説

« グランプリファイナルと衆議院議員総選挙 | トップページ | 恥ずかしい人達 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2090205/58500340

この記事へのトラックバック一覧です: 勝負の時:

« グランプリファイナルと衆議院議員総選挙 | トップページ | 恥ずかしい人達 »