« 最もご褒美をあげたい二人とおねだりする国 | トップページ | 浅田真央の誕生日とカルトな人達 »

2014年9月23日 (火)

アウェーではいろいろなことが起こりうるが・・・抗議はしないというのが日本流?

浅田真央が住友生命の「YOUNG JAPAN ACTION」のプロジェクトリーダーに就任しました。

若者から社会貢献活動を募り、住友生命が支援して浅田真央が参加する予定だそうです。

どんなプロジェクトが出てくるのでしょうか?

520324_1411292829

「ヤングジャパンアクション 叫び(募集)」篇 60秒

元気な姿を見せてくれている浅田真央。

テレビ東京で放送されたTRY&GOでも溌剌としていましたね。

一方で、羽生結弦は練習中に腰を痛めた為、10月に行われるフィンランディア杯を欠場します。

金メダリストとして忙しい日々を送っているので、練習が思ったように進まず、責任感から無理をしてしまったのかもしれません。

シーズン前半はゆっくりと調整して、グランプリシリーズも欠場し全日本選手権から出場してもいいような気がしますが、それではTVの視聴率や集客等で困る人達がいるのでしょう。

大事な選手を壊すようなことにならないといいのですが・・・

鈴木明子のキス&クライは、ソチから世界選手権にかけての話が終わって、スケートを始めた頃の話になりました。

オリンピックを目指すきっかけとなったのは?

520324_1411351999


浅田真央 & 浅田舞 ~ 素顔のプライベート旅! 【... 投稿者 MA2014


浅田真央 & 浅田舞 ~ 素顔のプライベート旅! 【... 投稿者 MA2014

スケート人生「キス&クライ」鈴木明子~<第9回>隣に座った大ちゃんにメールで引退の相談

(2014.9.20 日刊ゲンダイ)

ソチ五輪閉会式の前日。

五輪という舞台を最後に引退するか、予定どおり1カ月後の世界選手権(14年3月)を最後に引退するかで悩んでいた私は、小さい頃からお互いを知っていて、いつも何かあると話を聞いてくれる大ちゃん(高橋大輔=28)に相談しようと思いました。

今のフィギュア界の仲間たちはライバル意識というよりは、普段から試合やショーで寝食を共にすることが多く、小さい頃から苦楽を共にしてきた「家族」のような存在です。その中でも、大ちゃんは年齢が近いこともあり、男女の垣根を越えて、誰にでも気配りができる人。私にとっても何度も相談しては助けられた恩人でした。

場所は選手村内にあった日本選手チームのサロン。世界選手権の手続きのために選手が集まる機会があり、大ちゃんも携帯電話を片手にソファに座っていました。私は隣に腰掛けたものの、周囲には選手だけでなく、スケート連盟関係者やスタッフも大勢いました。隣とはいえ、声を出して引退の話はできません。そこで、自分の携帯電話を使って大ちゃんにメールをすることにしました。

「世界選手権を辞退しようか、迷ってる」

数秒後、一文だけのメールが返ってきました。

「みんな待ってるよ!」

前向きな言葉に心は揺れましたが、問題は私の両足です。「うおのめ」の炎症が悪化していたため、選手権までの1カ月にわたる練習に耐えられる自信がありません。

もう一度メールを打ちました。

「この痛みに耐えて1カ月間は頑張れない」

また数秒後、今度は隣でほほ笑みながらこんな返事が携帯に戻ってきました。

「もう頑張らなくていいんだよ。せっかく日本でやる世界選手権。みんなはメダルより、最後のアッコちゃんの滑りを見たいんだから」

メールを読んで自分が恥ずかしくなりました。

彼もソチ五輪前のトレーニング中に負傷。一時は「五輪はムリ」と言われる中、ケガをおして本番に出場していました。そのケガが癒えないまま、世界選手権に出場する意欲を見せていました。結果的に彼は最後の最後で選手権を欠場したのですが、その時までは「絶対に出る」と話していた。全ては自分を待っているファンのため。いい演技を見せることも大事だけれど、まずは自分を待つ人たちに姿を見せる。彼の姿勢を見て、私は気づかされたのです。

足の痛みでいい演技ができないことを理由に出場辞退を考えていた私。

「応援してくれる人たちにいい演技を見せることだけが恩返しじゃない。どんな演技になっても、待っているファンの人たちの前で最後は滑らないと」

私は世界選手権への出場を決めました。

13cef71f52a96ca1ad15c280dfd24aad201

最後まで励ましてくれた高橋選手/(C)日刊ゲンダイ

スケート人生「キス&クライ」鈴木明子~<第10回>「デートの時滑れた方がいい」…きっかけは母の軽いノリ

(2014.9.23 日刊ゲンダイ)

大ちゃん(高橋大輔)や(村上)佳菜子の励ましもあり、私はソチ五輪閉会式直前に、日本で行われる世界選手権(14年3月、さいたまスーパーアリーナ)に出場することを決めました。

大会までに残された時間は約1カ月。両足を万全の状態に回復させるにはギリギリの時間でした。それでも、「どんな形でもいい。これまでのスケート人生を支えてくださった関係者やファンの方々に現役最後の姿を見せたい」。ソチから帰国する頃にはそんな思いが強くなっていました。

日本に帰国後は1週間の安静。しっかり静養してから、病院での治療、練習を再開し、周囲の方々のサポートもあって、何とか世界選手権の舞台に間に合うことができたのです。

最終的に私の現役生活最後の試合、世界選手権の結果は6位でした。本来ならこの成績に満足することはありません。でも、現役最後の大会を日本の皆さんに温かく見守っていただけたこと、そして自分自身の足の状態を考えれば悔いはありませんでした。

私が初めてスケート靴を履いたのは5歳でした。

愛知県豊橋市で父(和則さん=67)と共に割烹店(和乃家)を営む母(ケイ子さん=64)は幼少期から私にいろいろな習い事をさせてくれました。

「子供の頃に何か自分の好きなものを見つけて欲しい。ひとつに長けてなくても、いろいろなことができる女の子になってくれればいい」

母の強い思いもあって、私は水泳、書道、絵画、ピアノ、バレエに通っていました。1週間のほとんどが習い事。今考えればやり過ぎかもしれません(笑い)。何もなかったのは日曜日だけ。母はそれも無駄にはしませんでした。

たまたま私のいとこが日曜日に地元のリンクで行われていたスケート教室に通うことを知ると、母は「それならアッコも」と私の手を取った。これが私のスケート人生の始まりです。

当時、私はスケートはおろか、フィギュアにもそれほど興味はありませんでした。母も「大きくなってデートでスケートに行った時、滑れたほうがいい」という軽いノリでした。私も母もそんな気持ちですから、6歳になって本格的にフィギュアを始めても、将来オリンピックを目指すとは夢にも思っていませんでした。

ところがです。6歳の冬、通っていた地元のリンクが潰れる憂き目に遭うと、私の「人生」は大きく変わることになったのです。(つづく)

▽すずき・あきこ

1985年3月28日、愛知県生まれ。6歳からスケートを始め、15歳で全日本選手権4位。東北福祉大に進学後、一時、摂食障害を患い休養。04年に復帰。10年バンクーバー五輪初出場。13年全日本選手権初優勝。14年ソチ五輪出場。今年3月の世界選手権を最後に現役を引退。

95dc27c9c5598c2d6c09b2238e025c75201

世界選手権の鈴木明子/(C)日刊ゲンダイ

◆ブログランキングに参加しています!皆さまのクリックで応援して下さい!

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

≪ ご 案 内 ≫

『フィギュアスケート 銀盤の疑惑』は全国の書店で好評発売中です。

スマイルheartプロジェクトを応援して下さり、ありがとうございます。寄付金とメッセージの受け付けは3月14日で終了しました。皆様のご支援に感謝申し上げます。

スマイル・プロジェクトのブログは→コチラをクリックして下さい。

雑談などにご利用下さい→『ゆきの小部屋~その10』

*ブログの避難所を開設しました→コチラをクリックして下さい。

浅田真央 ソチ伝説のフリー ~ 高音質+会場音声で迫力満点!

Sochi LP TOP 4 Step

Byjeo_icqaae_pe

バドミントン会場 「風」巡り混乱

(2014.9.22 NHKニュース)

インチョンアジア大会のバドミントンの会場で、競技や勝敗に大きく影響を及ぼす「風」を巡り、日本も含めた各国の選手やコーチから不満が相次ぎ、混乱が起きています。

バドミントンで使われるシャトルは5グラムほどで、風の向きや強さが競技に大きく影響することから、ショットの速度や精度など選手たちのプレーや、時には勝敗にも関わることもあります。

アジア大会のバドミントンの会場「ケヤン体育館」では、大会2日目の20日から競技が行われていますが、この会場内の「風」について各国の選手やコーチから不満が相次ぎ、混乱が起きています。このうち日本は21日、男子団体の準々決勝で韓国に敗れましたが、エースの田児賢一選手が臨んだ第1試合のシングルス戦で、試合途中で風が止まったり向かい風になったりしたということです。

また、同じ時間に隣のコートで試合をしていたインドネシアのコーチは「われわれにも問題のある風が吹き、混乱した。風は日本と対戦した韓国に有利に吹いたのではないか」と試合への影響を指摘していました。

一方、日本との試合にも出場した韓国のイ・ヨンデ選手は「風の影響でゲームがしづらかった。こんなに風が吹く体育館は世界的にあまりない」と話していました。

アジア大会はアジアの頂点を決めるとともに2年後のオリンピックにつながる重要な大会で、選手たちが最高のパフォーマンスを見せられるように適正な運営が求められています。

手動で空調を調整

ケヤン体育館の施設管理の担当者はNHKの取材に対し、「組織委員会の指示で、会場の温度はシャトルがいちばんよく飛ぶと言われている24度に設定しなければならなかった。おとといの停電の影響で、きのうは節電対策として手動で空調をつけたり消したりしていた。きょうからは対策工事も終わり自動で温度調整ができ、会場内に吹いている風も安定している」と説明しました。

今までにない経験

田児選手は韓国との準々決勝での試合について「第1ゲームは風が吹いてなかったが、第2ゲームが始まって向かい風が吹き始めた。意図的なものなのか会場の気温が上がったためか分からないが戸惑った。今までにない経験だった」と試合のときの状況を振り返りました。

そのうえで「どのタイミングで風が変わっても、選手はそのための準備するしかない。この試合で学んだことを個人戦に生かしていくしかない」と話しました。

また、日本代表の舛田圭太コーチは「ベンチにいて風が吹き始めたことが分かり、第2ゲームが終わって本部席に確認にいったが『そういったことはない』という回答だった。たまたま韓国との試合で起きたことなのか疑問はある。同じ時間帯で試合をしていたほかの国にも有利不利の影響が出たと聞いている」と話しました。

抗議の考えなし

今回の風の問題について、日本バドミントン協会の今井茂満専務理事はNHKの取材に対し、JOC=日本オリンピック委員会に事実関係の報告を行った一方で、抗議する考えはないことを明らかにしました。

今井専務理事は「日本で行われる大会を含めて、どこの競技会場でも風が問題になることが多い。不利な風が吹いたとしてもそれに対処しなければいけないし、対処できる技術を磨いていかないといけない」と冷静に話していました。また、スポーツ倫理学が専門で早稲田大学スポーツ科学部学部長の友添秀則さんは「アウェーではいろいろなことが起こりうるということを学ぶよい機会になったのではないか。何が起きたのかは、その場にいた選手たちがいちばんよく分かっていると思う。敗れた日本の選手にとってはつらい経験だと思うが、今後の糧にしてほしい」と話しました。

そのうえで友添さんは、「日本はあまり目くじらを立てず冷静に対処すべきだと思う。東京オリンピックとパラリンピックの開催を控えるなか、日本がスポーツの成熟した国だと知ってもらういい機会にしてほしい」と話していました。

K10047947311_1409221924_1409222000_

どのタイミングで風が変わっても、選手はそのための準備するしかない。この試合で学んだことを個人戦に生かしていくしかない

アウェーではいろいろなことが起こりうるということを学ぶよい機会になったのではないか。何が起きたのかは、その場にいた選手たちがいちばんよく分かっていると思う。敗れた日本の選手にとってはつらい経験だと思うが、今後の糧にしてほしい

アジア大会は思った通り酷い運営のようです。

バトミントンは、組み合わせ抽選も完全な密室で行われたようで、女子は団体世界一を決める5月のユーバー杯で優勝した中国と準優勝の日本が同じブロックで、韓国は逆ブロックという作為的な組み合わせになりました。

日本バドミントン協会の今井茂満専務理事は、抗議はしないと語っていましたが、日本をはじめとする4か国で大会組織委員会に抗議文を提出したようです。

これに対して、担当者は「意図的なものではない」とコメントしているようですが・・・どう見ても意図的でしょう。

バトミントンの他にも、選手村のお粗末な設備で選手達が不自由を強いられたり、弁当からサルモネラ菌が見つかり、昼食を食べられない選手が出たり、ビーチバレーの試合会場には更衣室などの設備がないため、着替えやシャワーは簡易テントの中で、各国の代表選手らは「どこの町内大会だ」とボヤいているようです。

こんな酷い状況にもかかわらず、韓国のネット上では、メダル数で日本を上回っている自国選手の活躍?に称賛の声が寄せられているようです。

中には、「一度も1位を獲ったことのない韓国が仁川で…公正に審査しているのか?」という真っ当な声もあるようですが・・・

今回のアジア大会のような不可解な運営や判定に対しては、毅然とした抗議を行うべきです。

早稲田大学スポーツ科学部学部長の友添秀則氏が述べているように、『何が起きたのかは、その場にいた選手たちがいちばんよく分かっている』のです。

『冷静に対処すべき』というのが、抗議をせずに耐え忍べという意味なら、スポーツ団体の役員や関係者は無用の長物でしょう。

事実を分析して検証した上で、感情的にならずに抗議を行うというのは当たり前のことではないでしょうか?

それが関係者の責務だと思うのですが、なぜか『鮮脳』されてしまった人が多いようです。

建前ばかりを語って、選手達を守らず、のうのうと報酬を得ている人間など存在価値はありません。

フィギュアスケートも同じです。

興行収入だけを気にして、選手の育成や将来のビジョンをないがしろにしていると、必ず破綻してしまうことになります。

自分の保身が何より大事な人間は、公職に就くべきではありません。

◆ブログランキングに参加しています!皆さまのクリックで応援して下さい!

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

FPUからのお知らせ

*FPUではブログサポーターを募集しています。詳細については、下記をクリック願います。

ブログサポーターを募集します!(FPU公式ブログ)

Fpu007

FPU(フィギュアスケート保護連合)へ、ご協力下さい。

FPUは全てのフィギュアスケーターが公平な採点を受けられることを目標としている団体です。特定選手の応援や、政治的・宗教的な考えを強制することはありません。

フィギュアスケートの未来に不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方は、是非ともFPUのホームページをご覧下さい。

FPUホームページ  http://fpu.nobody.jp

FPU公式ブログ  http://fpu1.cocolog-nifty.com/blog/

お問い合わせ先一覧(下記の文字をクリックして下さい)

■日本スケート連盟 メールアドレス jsf@skatingjapan.or.jp

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育館内

TEL : 03-3481-2351

▲首相官邸 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

▲ 自民党 https://ssl.jimin.jp/m/contact

*BPOの問い合わせ先

*厚生労働省 お問い合わせ窓口

*外務省~監察査察意見提案窓口

*外務省~ご意見・ご感想(メールフォーム有)

*総務省への意見

*文部科学省への意見

*公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

kuroneko_azをフォローしましょう

* 今 日 の 猫 *

ネコとアヒルの日常①

☆ お 知 ら せ ☆

FPUの公式ブログ

誹謗中傷を繰り返す悪質なkiki_dide氏とその仲間~その1

にほんブログ村のランキング不正操作疑惑について

被災地の小さな命を救いたい・・・

フィギュアスケートのジャンプ解説

フィギュアスケートの基礎

フィギュアスケート講座

フィギュアスケート技の解説

« 最もご褒美をあげたい二人とおねだりする国 | トップページ | 浅田真央の誕生日とカルトな人達 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2090205/58500364

この記事へのトラックバック一覧です: アウェーではいろいろなことが起こりうるが・・・抗議はしないというのが日本流?:

« 最もご褒美をあげたい二人とおねだりする国 | トップページ | 浅田真央の誕生日とカルトな人達 »