« 可憐なアデリナ・ソトニコワと醜悪な人達 | トップページ | 未来を紡ぐスケーターと日本を貶める人達 »

2014年8月11日 (月)

卑劣な人間の呆れた言動と伝えるべきもの

シブタニズがTHE ICEの動画をアップしていました。

スケーター達の素顔やアイスショーの臨場感が伝わってきます。

ところで、『キム・ヨナが目標』と言った為に、韓国でバッシングされた中国の李子君ですが、日本では韓国の異常な反応に呆れたような感想が出ています。

憧れる選手の様に自分も頑張ると抱負を言ったら『おまえ何様だよ!』と、難癖つけられ意味がワカラナイ

『キムヨナは凄すぎて私などではとてもかなわない』とでも言わないと満足しないんだろうな

韓国には、何でも自分が優位に立たなければ気が済まないという厄介な人間が数多く生息しているようです。

また、何にでもクレームをつけるのが生きがいだという人間も多いようです。

傲慢で、クレーマー体質でストーカー気質・・・これが一般的な韓国の人間のようですね。

日本では犯罪者として分類されそうな人間です。

こういう人間は、残念ながら日本にも存在しています。

ルールを守らず、暴言を吐いて憂さ晴らしをする。

なぜかソフトバンクのスマホや携帯を使用していることが多いようです。

『ゴミクズ』などと罵っても、自分が惨めになるだけです。

誰かを罵る時、人は自分が一番言われたくない言葉を選びます。

名無しの投稿者は、『ゴミクズ』と言われるのが気に障り、ブログランキングで下位なのがおもしろくない人物なのかもしれませんね・・・

投稿先:可憐なアデリナ・ソトニコワと醜悪な人達

投稿日時:2014/08/10 23:40  投稿者:ハンドルネームの記載無し

ここが金メダル取った後輩を叩くために

わざわざ羽生記事を更新するといわれてる

ゴミクズマオタのたまり場として有名なブログかーw

そりゃマオタは羽生ファンに嫌われるわw

根暗で陰険なゴミばかり

ブログランキング負けたからって、羽生人気ブログだけ荒らすなよー

選手叩き率・キチガイ率100%の根暗なマオタさん♪

Hanyubed1thumb480x2272737

【スポーツ異聞】 「女神はキム・ヨナだけ」 目標と口にするのも冒涜なのか? 呆れた韓国ネットのバッシング

(2014.8.10 msn産経ニュース)

美少女の誉れ高き中国女子フィギュアスケートの李子君(17)が韓国のネットユーザーの激しいバッシングにさらされた。「キム・ヨナが目標」。そう口にしたと伝えられると、「そんな資格はない」「女神はキム・ヨナだけだ」などの批判がわき起こり、李子君が「言っていない」と否定すると、今度は韓国メディアが「中国のキム・ヨナ」と呼ばれることが負担になったのでは、などと報道。17歳の少女は、ほとんどもてあそばれているような状況だ。日本のネットユーザーからは「目標にしたいと言われ、バッシングする意味が分からない」などの声が寄せられている。

インターネットの報道サイト「Searchina」によると、李子君は7月30日、香港メディアの文匯報とのインタビューで「『中国のキム・ヨナになることを希望する』との抱負を明らかにした」という。

これを知った韓国のネットユーザーは「キム・ヨナに代わって女神になりたいって?そんな資格はない」「見た目がいいのは認めるけど、誰でも女神になれるわけではなく中身も伴わないと」「成績を見れば、キム・ヨナのライバルを名乗る資格もない」「実力と美貌を兼ね備えた女神は100年に1人、キム・ヨナだけ。外見だけで女神になりたいなんて、いささか軽率だ」「女神は1人。キム・ヨナの代わりは誰にも務まらない」などの声があがった。

李子君は今年2月に開催されたソチ五輪の中国代表。シニアクラスへ移行した2012~13年シーズンで、グランプリファイナルの中国杯で5位、NHK杯で4位。国際競技大会のボルボオープンカップでシニアの国際大会初優勝を果たしている。13~14シーズンには台北で行われた四大陸選手権で3位に入り、中国の女子シングル選手として初めて同選手権のメダルを獲得。次代を担う有力選手の1人であることは間違いなく、韓国のネットユーザーが厳しく批判するほど将来性に欠ける選手ではない。

一方のキム・ヨナはソチ五輪限りで現役を引退し、9月から始まる大学院での勉学の日々に備えている最中だ。もうリンクで舞うことはない。目標にされて不満や不服を言う者は、まずいない。キム・ヨナも知ったら微笑ましく思うだろう。それがなぜバッシングになるのか。一部と思いたいが、「女神」への強いこだわりが、過剰で執拗な反応を生んでいる。

その執拗さに驚いたのか。李子君は中国のポータルサイト「テンセント」とのインタビューで、「(キム・ヨナが目標という)発言はしていない」と否定。さらに「記者が勝手に加えた言葉だと思う。キム・ヨナになりたいというより、“ベストな自分でありたい”」と述べた。そして、メディアに対し「あまりプレッシャーを掛けないでほしい。こういう報道が少ない方が練習と試合に集中できる」と要望した。

「Searchina」は、メディア名を明記していないが、「韓国メディアは中国・韓国のマスコミの関心が急増し、李子君は戸惑っているのではないかと指摘」と伝え、「『中国のキム・ヨナ』と呼ばれることが負担になったのではないかとの見方を示した」と報じた。ネットユーザーから「資格はない」と罵倒され、メディアからは「負担になったのでは」と気遣われ、何を言っても突っ込まれる。李子君は憧れと目標の思いを込めて、ある選手名をあげただけなのだ。

日本のネットユーザーも首を傾げるばかり。「憧れる選手の様に自分も頑張ると抱負を言ったら『おまえ何様だよ!』と、難癖つけられ意味がワカラナイ」「『キムヨナは凄すぎて私などではとてもかなわない』とでも言わないと満足しないんだろうな」などといった声を寄せている。

Oth14081018000003p1

ソチ五輪でフィギュアスケート中国代表の李子君。「キム・ヨナが目標」と語ったとされたことで、韓国のネットで炎上。17歳の乙女心は傷ついた

Dance Battle Semi-Final Recap - THE ICE 2014

Dance Battle Final Round Recap - THE ICE 2014

Nagano Rehearsals, Laughs, PEWPEWPEW - #THEICE2014 Pt. 1 (Vlog #12)

Racing, Oopsies, and Birthdays! - #THEICE2014 Pt. 2 (Vlog #13)

◆ブログランキングに参加しています!皆さまのクリックで応援して下さい!

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

≪ ご 案 内 ≫

『フィギュアスケート 銀盤の疑惑』は全国の書店で好評発売中です。

スマイルプロジェクトを応援して下さり、ありがとうございます。寄付金とメッセージの受け付けは3月14日で終了しました。皆様のご支援に感謝申し上げます。

スマイル・プロジェクトのブログは→コチラをクリックして下さい。

雑談などにご利用下さい→『ゆきの小部屋~その10』

*ブログの避難所を開設しました→コチラをクリックして下さい。

浅田真央 ソチ伝説のフリー ~ 高音質+会場音声で迫力満点!

Sochi LP TOP 4 Step

朝日新聞、慰安婦問題は「女性の人権」? 嘘つくな - 石井孝明

(2014.8.10 BLOGOS)

■戦争で女性の被害は頻出する

朝日新聞が慰安婦問題の検証記事を執筆した。自社の誤りを認めたが、「女性の人権が慰安婦問題の本質だ」と、記事で説教を始めた。さっそく多くの批判を集めている。逃げの論法であろう。

戦争における性犯罪とそれによる女性の人権侵害について、私は最大限の憎しみを抱くし、その行為を批判する。しかし残念ながら、戦史を読めば、どの戦争でもこうしたことは普遍的に観察されるものだ。そして韓国も軍と性をめぐる数多くの問題を起こした。

いわゆる「日本軍の従軍慰安婦」の問題は、戦時の売春制度の問題である。朝鮮は日本帝国の一部で戦場ではなかった。ところが、韓国政府と日韓の同調者はなぜか「戦争での性犯罪」「女性の人権侵害」と騒ぐ。

「女性の権利を守る」のは勝手だが、そんな重い問題を引き受けられるのだろうか。とんでもないことを韓国はしているのだ。

■韓国と戦時の性暴力-ベトナムでの蛮行

私は夕刊フジで、各国の戦史文献から「戦争と性犯罪」をまとめる短期連載をした。(第一回「犯罪認めぬ韓国政府・韓国兵とベトナム」)

私は韓国に感情的に反発する極右の人間ではない。しかし連載のため、簡単な文献調査をしたが韓国はとんでもないことを繰り返していた。いくつか拾ってみよう。

「韓国兵は恐れられていた。残忍なやり方で女性をレイプして殺す例が多かったからだ」。 米誌ニューズウィークは2000年4月12日号で、韓国軍のベトナム戦争参戦をめぐる記事を掲載し、現地の人々の恐怖と怒りをこう伝えた。韓国軍は民間人を8000人以上殺害した可能性があるという。

米ジャーナリスト、ディヴィド・コンデ著『朝鮮』(新時代社)には、「(1966年に)韓国軍が昼日中に結婚行列を襲い、花嫁を含め7人の女性を強姦。結婚式に呼ばれた客の宝石を残らず奪ったうえ3人の女性を川へ投げ込んだ」(要約)などと、凄惨な描写があった。

ベトナム戦争で、韓国は1964年から72年まで、延べ32万人の兵士を送り込み、北ベトナム政府軍、南ベトナムの共産勢力と戦った。そして、5099人が戦死した。米国が払った韓国兵の給料の一部は貧しかった国庫に入り、韓国の経済成長「漢江(ハンガン)の奇跡」のために使われた。兵士たちは英雄としてたたえられた。

しかしベトナムでは韓国人に対する憎しみが今だに根強い。民間人の大量虐殺を含む、韓国兵の掃討作戦の過酷さに加え、現地女性の間に生まれた「ライダイハン」と呼ばれる子供の問題もある。

韓国政府は戦争犯罪を認めていない。前出のニューズウィーク誌で、韓国軍司令官だった蔡命新(チェ・ミョンシン)中将(退役)は「償いは必要ない」「生き残るために兵士は相手を殺した」「これは戦争だ」と語った。南ベトナムの共産勢力はゲリラ戦術を使い、民間人を装って攻撃を繰り返したので、蔡中将の指摘は当てはまる面がある。ただ韓国軍の作戦行動は過剰な面、または必要のない「人を殺すだけ」のものがあった。

歴史の直視は韓国でも難しいが、建前と違って兵士は苦しんでいる。
当時の韓国の兵は重に農民からの徴兵。世界を知らず、国内には緊張が続き、朝鮮戦争への憎しみから共産勢力への憎しみだけがあった。

韓国の作家、金賢娥(キム・ヒョナ)氏が書いた『戦争の記憶 記憶の戦争−韓国人のベトナム戦争』(三元社)では、犠牲者と加害者の双方の言葉を伝える。参戦した兵士は次のように語る。

「一度だけでも民間人を殺してはならない、強姦してはならないと聞いていたら、しなかった。私が戦う理由がどこにある。しかし生き残らなければならないと考えるようになると、婦女子もベトコン(注・共産兵の蔑称)に見えた」(要約)

金大中大統領(当時)の2001年のベトナム訪問で、謝罪し、補償を約束したが、賠償はほとんど行われていない。

■韓国軍と平時の性暴力- 国内で行われた軍向け売春制度

韓国政府は国内では、軍隊と性の関係でさまざまな関与をしている。

韓国軍は54年まで「特殊慰安隊」の名目で自ら慰安所を運営した。売春婦は「補給品」と書類上書かれた。ソウル地区では同年ごろに89人の女性がおり1日平均6人の相手をした記録が残る。戦功を上げた兵に報償として優先利用させたという。軍が自ら売春を運営する例はかなり珍しい。

朝鮮戦争終了後も、韓国政府の関与による軍人相手の売春は残った。『軍隊と性暴力 朝鮮半島の20世紀』(現代史料出版)という本では、日韓の研究者が、朝鮮半島での日米韓各軍の売春利用を批判的に調査している。米軍政下の1947年、韓国では国家が認めた売春制度である公娼制度を廃止し、売春を禁止した。ただし運用はあいまいだった。

韓国政府は二重基準の政策を行った。売春を一般向けには取り締まったが、特定区域を設置して、民間業者の売春を放置した。特に、米軍兵士の慰安、また外貨獲得のために外国人向けの売春目的の「妓生(キーセン)観光」を奨励した。

80年代以降の経済成長と民主化による女性の人権保護運動で、売春業は以前よりは目立たなくなったが、今でも残る。経済的、家庭的に恵まれない女性が働くという。

70年代には、米軍の取り締まり要請を受け、当時の朴正煕(パク・チョンヒ)大統領が大統領府に事務局を置き、自ら指揮して「基地村浄化運動」を行い、米軍基地周辺の売春街での暴力団排除、治安回復、性病管理などを行った。売春活動を民間にやらせ、国が管理する。旧日本軍の制度とよく似ている。

■慰安婦問題は「人権」ではなく「日本たたきの道具」

「女性の人権を守れ」とキレイゴトを言うなら、朝日新聞や、その支持者の人々は朝鮮半島で売春に従事している女性、また被害を受けたベトナムなどの気の毒な女性たちを報道し、伝え、救済してほしい。日本人も、第二次世界大戦後に追われるときに、女性などが朝鮮半島で性暴力の被害にあったとされる。

また韓国の国民は日本を「従軍慰安婦」という嘘で批判する前に、自国の歴史に、犯罪行為であっても、真剣に向き合ってほしい。日本を批判できるのだろうか。

しかし、しないだろう。メディアの商品として「他国の気の毒な女性」の話など、1回のルポの題材になっても、連載で伝え続けるニュース価値のあるものではないからだ。

だとしたら朝日新聞の「女性の人権」といういいわけは、嘘だと分かる。答えはこの問題に関心を向ける人なら誰もが知っている。

従軍慰安婦問題は、日本をおとしめようとする人々にとっては、女性の人権の問題ではない。道具としてセンセーショナルで有効であるために使われてきたのだ。

私は20年前、この問題で福島みずほ代議士が、売春婦だった女性を、メディアに連れ回し、一緒にテレビに写っていたことを覚えている。売名が透けて見え、とても嫌な感じがした。

そして、関心の向け方にもばかばかしさを感じる。太平洋戦争中、売春目的で日本軍に同行した1−2万人の女性のうち、2-3割程度が朝鮮出身者という。(秦郁彦『慰安婦と戦場の性』(新潮社))自ら進んで売春などする人はいないはずで、この職業についた女性に筆者は同情する。しかし、彼女らだけを尊重するのはおかしい。

「昭和の戦争」で、日本人は軍民あわせて約300万人が亡くなった。歴史を考える場合に、こうした人々の慰霊、顕彰、そして死の意味を問い続けることが、今の日本人にとって最優先の課題である。それをせずに、70年前の外国人売春婦に過度に関心を向け、権利を守れと騒ぐ人の思考は、明らかに変だ。

20年前の発生から嘘だったこの問題が、今でも虚構と嘘、言い逃れにまみれていることに私はうんざりする。

石井孝明

ジャーナリスト

@ishiitakaaki

メール:ishii.takaaki1@gmail.com

D90d71c4

攻撃準備をするベトナムでの韓国海兵隊1966年(米陸軍軍事史センター資料より)

【記憶の中に】 税金工面できない母に役所は「体を売ってでも払え」と言った…戦死の父は「石ころ」で戻され、屈辱の戦後が始まった

(2014.8.10 msn産経ニュース)

「戦地に赴いた父も、残された家族にとっても戦争は理不尽なものでした」。京都市伏見区の大薮和弘さん(74)はとつとつとした口調で語り始めた。

勤務先を定年退職した後、34歳で戦死した父、量雄(かずお)さんが「最期を迎えた場所を知りたい」と、ニューギニア島近くのインドネシア・ビアク島を訪れた。62歳のときだ。

■京都駅から出征した父、見送った身重の母

大薮さんには、3歳だった昭和18年、京都駅で出征する父を、身重だった母、小ゆきさんと見送った記憶がかすかに残っていた。

湿気に包まれた密林内の洞窟の壁は黒く、火炎放射器で焼かれた跡が残っていた。日本から南へ4千キロ。米軍に追い詰められ、日本軍はここで多大な犠牲を払った。「まじめな性格だったという父は、どんな思いで死を迎えたのか」と、改めて思いをはせた。

戦争で量雄さんを亡くした一家は、大薮さんと小ゆきさんのほか、2歳下の弟、父の出征後に誕生した妹が残された。4人の遺族の戦後もつらいものだった。

戦後間もなく、量雄さんは白木の箱で戻ってきた。中に入っていたのは石ころが一つ。物心ついたときから長男として母の農作業などを手伝う日々を送った。「おやじさえ生きていれば…」と幾度も思った。

■屈辱にまみれた戦後

15歳のとき、屈辱的な体験をした。ある若い母親が自分を一瞥(いちべつ)し、小学生の息子に「勉強しなかったらこの人みたいになるよ」と言ったのだ。

当時、大薮さんは畑の肥料にするため、各家を回って人糞(じんぷん)を集めていた。恥ずかしさと、激しい怒りがこみ上げた。「俺のおやじがお前ら日本のために働いたからや」。のど元まで出た言葉をぐっとのみ込んだ。

「悔しかったですよ。でもお袋にも言えなかった。言うたらお袋を責めることになるでしょう」。約60年たった今も涙がにじむ。

こんなこともあった。気丈に働いていた母が、ある晩泣いていた。税金が工面できず、役所に相談に行くと、担当者に「体を売ってでも払え」と言われたのだという。

■伝えなければならない不条理

「戦後、戦没者に対する周囲の目は大きく変わった」と感じている遺族は多い。戦中は戦没者に対し「お国のために亡くなった」という敬意が浸透していたが、戦後は「戦争の片棒をかついだ」と冷ややかな視線を送る人すらいた。

戦没者遺族を取り巻く環境も厳しくなり、遺児が就職する際に「片親家庭の子供は信用できない」と採用を拒まれることもあったという。大薮さんは「そういう経験をした人がいっぱいいると思う」と話す。

10年前、父のもとに母が旅立った。「残された母ら女性たちも苦労を強いられた。戦争がなければ違った人生だったでしょう」。今は地区の遺族会会長として戦没者に思いを寄せる。

第二次世界大戦の日本人戦没者は300万人とされ、それぞれに家族や人生があった。大薮さんはしみじみと語る。「われわれ遺児に残された時間も短い。だけど、不条理な思いを抱えて生きた人たちがいたことを、後世に伝えなあかんと思うんです」

Wlf14081018000009p1

父が戦死し、家族とつらい戦後の日々を過ごした大薮和弘さん。戦後の不条理も伝え、「戦争は理不尽なもの」と語った=京都市伏見区

戦中は戦没者に対し「お国のために亡くなった」という敬意が浸透していたが、戦後は「戦争の片棒をかついだ」と冷ややかな視線を送る人すらいた

戦後日本の価値観は大きく変わりました。

というより、変えられてしまったと言った方がいいかもしれません。

今年も、間もなく終戦の日を迎えます。

多くの戦没者のおかげで今の日本があるということを改めて考えて欲しいです。

そして、日本がなぜ戦争をしたのか、ポツダム宣言や東京裁判、米国の占領政策の意図は何だったのかを考えるべきです

◆ブログランキングに参加しています!皆さまのクリックで応援して下さい!

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

FPUからのお知らせ

*FPUではブログサポーターを募集しています。詳細については、下記をクリック願います。

ブログサポーターを募集します!(FPU公式ブログ)

Fpu007

FPU(フィギュアスケート保護連合)へ、ご協力下さい。

FPUは全てのフィギュアスケーターが公平な採点を受けられることを目標としている団体です。特定選手の応援や、政治的・宗教的な考えを強制することはありません。

フィギュアスケートの未来に不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方は、是非ともFPUのホームページをご覧下さい。

FPUホームページ  http://fpu.nobody.jp

FPU公式ブログ  http://fpu1.cocolog-nifty.com/blog/

お問い合わせ先一覧(下記の文字をクリックして下さい)

■日本スケート連盟 メールアドレス jsf@skatingjapan.or.jp

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育館内

TEL : 03-3481-2351

▲首相官邸 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

▲ 自民党 https://ssl.jimin.jp/m/contact

*BPOの問い合わせ先

*厚生労働省 お問い合わせ窓口

*外務省~監察査察意見提案窓口

*外務省~ご意見・ご感想(メールフォーム有)

*総務省への意見

*文部科学省への意見

*公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

kuroneko_azをフォローしましょう

* 今 日 の 猫 *

猫がやたら外を気にするので見てみると... - the cat finds the stray cat -

☆ お 知 ら せ ☆

FPUの公式ブログ

誹謗中傷を繰り返す悪質なkiki_dide氏とその仲間~その1

にほんブログ村のランキング不正操作疑惑について

被災地の小さな命を救いたい・・・

フィギュアスケートのジャンプ解説

フィギュアスケートの基礎

フィギュアスケート講座

フィギュアスケート技の解説

« 可憐なアデリナ・ソトニコワと醜悪な人達 | トップページ | 未来を紡ぐスケーターと日本を貶める人達 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卑劣な人間の呆れた言動と伝えるべきもの:

« 可憐なアデリナ・ソトニコワと醜悪な人達 | トップページ | 未来を紡ぐスケーターと日本を貶める人達 »