« 一夜限りのアイスショーと降伏した石破茂幹事長 | トップページ | キム・ヨナの受難と日本人に降りかかる火の粉 »

2014年8月31日 (日)

羽生結弦の思いと韓国の復讐

日本テレビ系列で放送された24時間テレビの中で行われた羽生結弦のアイスショー。

会場となったのは、披露された2011-2012シーズンの『ロミオとジュリエット』を振付けた青森県のテクノルアイスパーク八戸です。

羽生結弦の被災地への思いや葛藤が切ないですね。

そういえば、お隣の女王様は憲法裁判所の広報大使になったようです。

・・・何だかタチの悪い冗談のようですが、自分達に都合よく法律を解釈して運用している国には似つかわしい人選なのかもしれません。


一夜限りのアイスショー このあと8:45頃 投稿者 yuzupinoko


24時間テレビ37「愛は地球を救う」#03(12:34より) 投稿者 ImageAnimation

羽生結弦DVDが「アスリート史上初」の売れ行き 何が凄いのか

(2014.8.30 NEWSポストセブン)

今やメディアで目にしない日はないほど、リンク以外でもさまざまに活躍が目立つフィギュアスケート選手たち。ソチ五輪の金メダリスト、羽生結弦選手(19)の初DVD「覚醒の時」(フジテレビジョン・ポニーキャニオン)も好調だ。

発売されるや初週売上2.1万枚を記録し、オリコンのDVDならびにBlu-rayランキングで首位を獲得。これはスポーツ選手としては史上初の快挙だった。さらにその後2週にわたってトップテン入りを続け、フジテレビによると現在、DVD、Blu-ray合わせておよそ7万枚を売り上げている(8月29日)。

このDVDの発売までには、ファンをヤキモキさせるちょっとした事件があった。当初予定されていた発売日が一度延期になったのである(5月21日→7月16日)。

待たされるとそれだけ期待値はあがるもので、アマゾンのレビューには、発売前からコメントが殺到した(8月29日時点で215件)。収録演目や得点映像が追加されるなどの紆余曲折を経て、ついに世に出たDVDには絶賛の声が挙がっている。羽生選手の人気のみならず内容への高い評価がオリコン1位という快挙につながっているのだ。

第一に収録演目が充実している。「2012年の世界選手権『ロミオとジュリエット』を見られて嬉しかった。羽生選手の才能を世界に知らしめた演技だと思っています。それから、ソチでも滑ったショートプログラム『パリの散歩道』は3大会の演技が入っています。これが全然多すぎない。同じプログラムを見るからこそ、羽生選手の成長がよくわかるんですよね。あの“への字”ポーズも、どんどんシャープになっています!」(購入した40代女性)

見比べて初めて気づくこともある。別の30代男性ファンはこう語る。「僕は特に、ジュニアからシニアに上がった頃の演技に引きつけられました。ジャンプはまだ安定感を欠くのだけれど、時分の花といいますが、若いころの荒削りの良さというのもあるなと」

それからこのDVD、演技の解説やナレーションなど、羽生選手以外の声がほぼ排されている。競技結果は文字情報のみ。これによって、試合の間などに差し挟まれる羽生結弦の肉声が際立ち、視聴者は羽生選手の内的世界に没入できる。

「まるで近くにいるような気分になれました(笑)。テレビ放送の解説はありがたいのですが臨場感が削がれますし、解説がなくてもわかるものだと気づきましたね。練習中の素顔なども新鮮です。羽生さんがカナダで食事をしてる場面があるんですが、お弁当箱がプーさんで。やっぱり好きなんだなぁと思いました」(購入した50代女性)

DVD制作を行ったフジテレビ担当者に、制作秘話を聞いた。

「まず制作にあたって、フジテレビ系列局が持つ羽生選手の幼い頃から現在までの素材を、ほぼ全て確認しました。そのなかで感じた彼の凄さとは“持続された邁進力”です。幼い頃に抱いた『オリンピックで金メダル』という夢に向かって、一年一年、その時の彼の信じる精一杯の努力と決断で、夢を現実に変えていく。もちろんその過程には、様々な悩みや葛藤があったことは想像に難くありません。震災もありました。彼が乗り越えてきたすべてを、彼の言葉でストレートに、DVDを観てくれる方に伝えたいと思いました。

そのために、まずノーナレーショという演出をとりました。これには羽生選手の映画を観ているような世界観を作りあげるという狙いもありました。もう一つ、できるだけ多くのプログラムを使用することが必要でした。一つ一つの大会の著作権や使用楽曲の著作権など多くのハードルや条件などがありましたが、最大限、羽生選手のアスリートとしての成長を伝えられるよう目指しました。

羽生選手はインタビューの中で『同じプログラムでも自分にとっては違う』と話しています。同じプログラムでも一つ一つの大会が羽生選手にとって自分自身への挑戦であり、成長の軌跡であると感じ、同じプログラムであっても複数収録するような今回のような演出になったのです」

フィギュアスケート選手のDVDは、トリノオリンピックで金メダルを獲得した荒川静香さんはじめ、浅田真央選手や高橋大輔選手などの作品も高い人気を博してきた。高橋選手の新作はすでに今秋の発売が予定されている。選手の人気だけに頼らない、目の肥えたファンをうならせる作品を今後も期待したい。

キム・ヨナ、世界憲法裁判会議の広報大使に委嘱

(2014.8.29 中央日報日本語版)

元フィギュアスケート選手キム・ヨナが憲法裁判所の広報大使に委嘱され世界憲法裁判会議第3次総会を世界に知らせることになった。

憲法裁判所は29日、キム・ヨナを広報大使に委嘱したと明らかにした。キム・ヨナはこの日キム・ヨンホン憲法裁判所事務局長から委嘱状を受けた。キム・ヨナは「和解と統合の時代、世界憲法裁判会議第3次総会が拓いてください」という応援メッセージを作成して、総会広報動画を撮影した。

キム・ヨナ元選手は今後、憲法裁判所を世界に知らせることと、9月28日~10月1日までソウルで開かれる世界憲法裁判会議第3次総会広報の先頭に立つことになる。

201408291545501

キム・ヨンホン憲法裁判所事務局長(左)とキム・ヨナ。(写真提供=憲法裁判所)

◆ブログランキングに参加しています!皆さまのクリックで応援して下さい!

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

≪ ご 案 内 ≫

『フィギュアスケート 銀盤の疑惑』は全国の書店で好評発売中です。

スマイルプロジェクトを応援して下さり、ありがとうございます。寄付金とメッセージの受け付けは3月14日で終了しました。皆様のご支援に感謝申し上げます。

スマイル・プロジェクトのブログは→コチラをクリックして下さい。

雑談などにご利用下さい→『ゆきの小部屋~その10』

*ブログの避難所を開設しました→コチラをクリックして下さい。

浅田真央 ソチ伝説のフリー ~ 高音質+会場音声で迫力満点!

Sochi LP TOP 4 Step

「返上しろ!」 平昌五輪開催に地元韓国ネットに渦巻く不安 大合唱の批判から見えてくる惨状

(2014.8.30 msn産経ニュース)

2018年2月に韓国・平昌で冬季五輪が開催される。約3年6カ月後だ。競技会場や選手村の建設などインフラの整備を進め、大会を成功させるには時間がいくらあっても足りない。ところが、どうも進捗状況が怪しいのだ。国際オリンピック委員会(IOC)の委員から7月初めに準備の停滞を問題視され、五輪組織委員長が辞任した。スポンサー集めに苦心し銀行からの借金で組織が運営されているというのだ。スポーツ界では「このままでは2018年に韓国が世界中の笑い物になる」と懸念が強まっている。韓国のインターネットでは「平昌五輪を返上しろ!」などの厳しい意見が寄せられている。

韓国紙の朝鮮日報(電子版)は7月26日にコラムで平昌五輪の置かれている苦境を紹介している。

7月初め、平昌で開催された平昌五輪組織委員会とIOCとの会議の席上、「IOCの委員から厳しい指摘を受けた」という。そして「平昌が2018年の冬季五輪開催地に決まって以降、何度か平昌現地を訪問したという、このIOC委員は『これまで平昌を何度か訪問したが、何も変わっていない。もう平昌組織委の言葉は信じられない』と非常に激しくののしられた」と伝えている。

IOC委員がここまで態度を硬化させるのには理由がある。組織委の計画では、競技場建設はすでに50%以上進捗していることになっている。ところが「実際は7月17日になってやっと起工式を終えたばかり」(朝鮮日報)。通常は五輪開催の1年前に会場のテストを兼ねて行われるプレ五輪大会も本番直前にずれ込む可能性が高まっているという。

こんな惨状を招いたのは「文化体育観光部(省に相当)が今年の初め、大会の規模縮小を含む設計の変更を進めたことで、ただでさえ遅れていた着工の時期がさらに遅れた」と内情を明かす。

さらに「文化体育観光部は『将来における競技場の活用策が不十分で、大会後は莫大な赤字を抱えることが避けられない』とした上で『遅れてはいるが今、問題を発見できただけでも幸い』と考えている」と当局の見解を紹介。そのうえで、「もし、これらの問題点を誘致決定直後から正確に把握し、解決に向けて動いていれば、今のような状況は起こらなかったはずだ」と疑問を呈する。

不備は競技場建設だけではない。五輪開催に当たって財政基盤確保の鍵となる国内のスポンサー料の確保だ。8000億ウォン(約800億円)と設定されたが、思い通りに進んでおらず、7月にやっと2社と契約を結んだ状況という。

中央日報は7月23日、組織委に対し「監査院が今年6月から7月11日まで特別調査局監査官を投じて調べていた」とし、組織委の赤字体質が問題視されている実態を紹介。「グローバル企業のスポンサーを集めることができず、過去3年余、自らの収入を上げることができずに銀行からの借金などで組織を運営してきたことを深刻だと認識している」

こんな状況下の7月21日、組織委員長が「新たなリーダーシップと組織の補強」などを理由に突然辞任した。しかし「トップが交代したからといって、全ての問題が解決するわけでもない」と朝鮮日報は指摘した。組織運営を担う人材がいないのだ。

五輪開催に向けた準備はIOCと緊密に協力した上で進めなければならないはずだが、組織委の実務担当者の中には「外国語を流暢に駆使し、スポーツに関する専門的な知識を持ってIOCと交渉できるような人間は見当たらない」という。

さらに組織委の意思決定プロセスに大きな影響力を及ぼす中央政府や、地方自治体から出向している公務員にも問題があるという。「彼らの任期は2年だ。業務の内容をある程度把握した頃には本来の職務に復帰しなければならない。そのため『大きな実績を残さずとも任期さえ全うすればいい』と考えている公務員も多いのだ」

こんなことで平昌五輪は本当に開催されるのか。われわれ以上に韓国の国民が深刻に捉えている。

ネット上には

「韓国の発展のためには地方自治体を廃止しなければ…。地方と中央政府が別にあるせいで、国力の浪費がひどい…。体制が整う日本や中国を見ると、旧韓末(植民地以前)の危機を見るような…」

「正直言って、20日間のスポーツイベントに数十兆ウォンを注ぎ込む状況か? その金で国民年金などの福祉問題を全部解決してもお釣りがくる」

「平昌五輪を返上しろ。施工能力もない建設会社がやみくもに注文をかき集めた様だな」

「大統領が今回はひと肌脱がねば! やっとの思いで誘致したのに、失敗すれば国の恥!」

などと厳しい声が寄せられている。

Oth14083018000003p1

2018年平昌冬季五輪組織委員会の新委員長に就任したチョ・ヤンホ氏。難しい舵取りを迫られる=7月31日、ソウル(AP)

【韓国の本性】慰安婦の碑は日本への復讐 安易な「妥協」は「事実」とされるだけ

(2014.8.30 zakzakニュース)

米ニュージャージー州ユニオンシティーで今月4日、同国で6番目となる慰安婦の碑の除幕式が行われた。碑には、「日本帝国陸軍によって性奴隷になることを強制された数十万の女性と少女を記憶にとどめる」と刻まれている。

昨年10月には、韓国の国会議員らが渡米して、ロサンゼルスに米国各地の総領事を集め、慰安婦問題を拡大させていくよう指示している。韓国系団体は今後、全米20カ所以上に慰安婦の碑を設置する計画だという。韓国は現在、米国を巻き込み、官民をあげて日本たたきを始めている。

事実無根の「強制連行」を記した碑の撤去を求めて、米国に飛んだ日本の地方議員有志は「学校から帰った息子が『自分には日本人という汚い血が流れている』と泣きながら机に頭をたたきつけ、可哀そうにと息子を抱きしめて一緒に泣いた」という母親の悲惨な告白に茫然(ぼうぜん)とした。日本人子弟への陰湿なイジメが始まっていたのだ。

なぜ、韓国人はここまでやるのだろう。

もし、安倍晋三首相が「過去は謝罪する。子供たちがイジメられないように慰安婦の碑を撤去してほしい」と頭を下げたらどう応じるだろうか。彼らは「自業自得」「因果応報」といって一蹴するに違いない。そう、「慰安婦の碑」は、日本への彼らの「復讐(ふくしゅう)」なのだ。

韓国では、歴史をねじ曲げた「反日教育」で育った人々が、人口の大半を占めるに至り、「日本は絶対悪」「韓国は絶対善」という図式が出来上がった。日本寄りの発言をすれば、たちまちバッシングを受けて韓国社会から葬られ、場合によっては命までも失う。

もはや誰もブレーキをかける者がいないため、「日本の悪行」が次々に“創造”され、韓国の歴史認識に繰り込まれてきた。慰安婦問題はその典型だろう。このように反日感情が自家中毒してできた歴史観を世界に広げ、日本に押し付けているのが現状の姿である。

李氏朝鮮時代、半島では祖先の恨みを晴らすために、相手の子孫を同じ目に合わせた。「先祖の恨みは決して忘れず、憎悪は世襲される」という気質を引き継いでいる彼らは、祖先が日本の植民地支配に苦しんだ(と教えられた)恨みを、日本を植民地にすることで晴らしたいのだろう。

しかし、現代の世界ではそれができない。その代わりに「慰安婦問題」を喧伝して日本の国際的地位を低下させている。慰安婦の碑を建てて1000年先まで日本人が世界中から蔑まれることで、「恨み」を晴らそうとしているのだ。韓国にとって日本は永遠に償い続けるべき存在であり、謝罪を受け入れることなど決してない。

安易に謝罪すれば、「虚構」が「事実」になるだけだ。この状態を打破するには真実を持って反論し、韓国の人々を反日中毒から解放する以外にはないだろう。

■松木國俊(まつき・くにとし)

1950年、熊本県生まれ。73年、慶応大学を卒業し、豊田通商に入社。直後から韓国担当を務め、80~84年、ソウル事務所に駐在する。秘書室次長、機械部次長を経て、2000年に退社。松木商事を設立する。韓国問題を長く研究しており、「慰安婦の真実国民運動」幹事長。著書に『ほんとうは、「日韓併合」が韓国を救った』『こうして捏造された韓国「千年の恨み」』(ワック)など。

2014y08m30d_235607500_2

米東部ニュージャージー州ユニオンシティーで行われた慰安婦の碑の除幕式(AP)

平昌五輪については、韓国内でも深刻に受け止められているようです。

ただ、見栄を張る国民性ですから、『やっとの思いで誘致したのに、失敗すれば国の恥』という声が大勢を占め、何とかしようと国を挙げて日本にたかる外交努力はしたものの、東京五輪開催を理由に断られ、開催出来ない事態となって世界中に恥を曝すことになりそうです。

1000年先まで日本人が世界中から蔑まれることで、「恨み」を晴らそうとしている国が、日本に『協力』を求めても応じる必要はありません。

韓国の論法では、日本は今まで散々韓国に迷惑をかけてきたのだから、困っている時に援助するのは当たり前ということなのでしょうが、そもそも前提が間違っているのです。

散々迷惑をかけてきたのは日本ではなく韓国ですし、韓国は日本の植民地にされて搾取されたのではなく、併合されて教育の普及と産業の育成をしてもらったのです。

搾取されていたのであれば、国の人口や平均所得が併合されていた期間に倍になることはあり得ません。数字が当時の事実を証明しています。

韓国ではこうした事実を隠して、日本人を殺害したテロリストを崇拝しているのですから、常軌を逸した国であると断言していいでしょう。

間違った教育によって、今後韓国は取り返しのつかない状況に陥ってしまうでしょう。

米国と日本から見捨てられ、中国の属国となって生き延びようとしたものの、あまりに異常な価値観のため、中国にも見捨てられる・・・

日本人は次第に自虐史観から目覚めつつありますが、自虐的左翼の人間達は、自分達の精神的支柱とも言える『朝日新聞』を守る為に、必死になって『日本の悪行』を掘り起こして広めようとしています。

朝鮮での話なのに、他の国の話を持ち出したり、慰安婦の強制連行は無かったという話なのに、慰安所の設置には日本軍が関与していたと主張し、『それこそが問題だ!』と言いだしたり、果ては慰安婦になったのは当時の政府が悪いからという話まで出てきたりと、本人達も何が言いたいのか判らないような混沌とした状況に陥っているようです。

論理だてて話をして欲しいものですが、おそらくそれを指摘されると、火病を起こして逆ギレします。

彼等を突き動かしているのは怒りの感情です。

それを理解して欲しくて行動しているわけです。

韓国の人間と行動原理が同じなのです。

こういう人間は、煩わしいですが、静観していれば更に大騒ぎしますので、徹底的にやり込める必要があるのです。

脅してくるかもしれませんが、分が悪くなってくると言い訳や話のすり替えが多くなり、最後には逃走していきますので恐れることはありません。

少しでも同情すると、そこに付け込んで骨までしゃぶろうとしますので、甘い顔は禁物です。

最後まで気を緩めずに、彼等を糾弾する声を上げ続けましょう。

◆ブログランキングに参加しています!皆さまのクリックで応援して下さい!

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

FPUからのお知らせ

*FPUではブログサポーターを募集しています。詳細については、下記をクリック願います。

ブログサポーターを募集します!(FPU公式ブログ)

Fpu007

FPU(フィギュアスケート保護連合)へ、ご協力下さい。

FPUは全てのフィギュアスケーターが公平な採点を受けられることを目標としている団体です。特定選手の応援や、政治的・宗教的な考えを強制することはありません。

フィギュアスケートの未来に不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方は、是非ともFPUのホームページをご覧下さい。

FPUホームページ  http://fpu.nobody.jp

FPU公式ブログ  http://fpu1.cocolog-nifty.com/blog/

お問い合わせ先一覧(下記の文字をクリックして下さい)

■日本スケート連盟 メールアドレス jsf@skatingjapan.or.jp

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育館内

TEL : 03-3481-2351

▲首相官邸 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

▲ 自民党 https://ssl.jimin.jp/m/contact

*BPOの問い合わせ先

*厚生労働省 お問い合わせ窓口

*外務省~監察査察意見提案窓口

*外務省~ご意見・ご感想(メールフォーム有)

*総務省への意見

*文部科学省への意見

*公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

kuroneko_azをフォローしましょう

* 今 日 の 猫 *

階段でおもちゃを拾ってくる猫 Cat fetching 2014#5

☆ お 知 ら せ ☆

FPUの公式ブログ

誹謗中傷を繰り返す悪質なkiki_dide氏とその仲間~その1

にほんブログ村のランキング不正操作疑惑について

被災地の小さな命を救いたい・・・

フィギュアスケートのジャンプ解説

フィギュアスケートの基礎

フィギュアスケート講座

フィギュアスケート技の解説

« 一夜限りのアイスショーと降伏した石破茂幹事長 | トップページ | キム・ヨナの受難と日本人に降りかかる火の粉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羽生結弦の思いと韓国の復讐:

« 一夜限りのアイスショーと降伏した石破茂幹事長 | トップページ | キム・ヨナの受難と日本人に降りかかる火の粉 »