« Zを復活させた男たち | トップページ | フィギュアスケート講座 »

2010年11月15日 (月)

村上佳菜子が逆転優勝~グランプリシリーズ・スケートアメリカ

<フィギュア>村上佳菜子が逆転初優勝、ファイナル進出へ GP第4戦

(2010.11.15 毎日新聞)

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦、スケートアメリカ最終日は14日、米オレゴン州ポートランドで女子フリーがあり、ショートプログラム(SP)2位の16歳、村上佳菜子(中京大中京高)がフリー110.18点、合計164.93点で逆転の末、GP初優勝を果たした。村上はシニアGPデビュー戦の第1戦・NHK杯での3位に続く好成績で、初のGPファイナル(12月、中国・北京)進出が濃厚となった。

男子は高橋大輔(関大大学院)が優勝しており、第3戦・中国杯の小塚崇彦(トヨタ自動車)と安藤美姫(トヨタ自動車)に続く日本勢の男女アベック優勝となった。

■女子シングル結果

1位 村上佳菜子 日本 164.93(FS110.18 技術点54.75 演技構成点55.43)

2位 レイチェル・フラット 米国 162.86

3位 カロリーナ・コストナー イタリア 154.87

4位 ジョシ・ヘルゲション スウェーデン 146.90

5位 アメリー・ラコステ カナダ 146.68

6位 ビクトリア・ヘルゲション スウェーデン 142.26

7位 エレネ・ゲデバニシビリ グルジア 139.36

8位 マエ・ベレニス・メイテ フランス 137.05

9位 キャロライン・ザン 米国 132.49

10位 ジェナ・マコーケル 英国 127.76

11位 カク・ミンジョン 韓国 125.21

12位 アレクシ・ギレス 米国 122.46

SPでトップに立っていたカロリーナ・コストナーはミスが目立ちFSで6位と振るわず、総合で3位に後退しました。逆にSPで4位と出遅れていた地元のレイチェル・フラットはFSでトップにつける素晴らしい演技を見せ、総合で2位に入りました。

レイチェル・フラットは早速ツイッターでメッセージを・・・

Thank you for your support everyone! I have had so much fun here in Portland, Oregon, and am so happy to make the podium again. It's been a great trip! 

意訳:みなさん、応援ありがとうございました。ポートランド(オレゴン)で再び表彰台に立つことができて、とても幸せです。私にとって素晴らしい旅になりました。

スケートアメリカの詳細な得点や動画、得点についての感想などの総括は、後ほどアップする予定です。

村上佳菜子は、シニアのデビューイヤーで優勝し、グランプリファイナル進出を決めました。おめでとうございます!グランプリファイナルでものびのびとした彼女らしい演技を期待しています。

FPU(フィギュアスケート保護連合)へ、ご協力下さい。

FPUは全てのフィギュアスケーターが公平な採点を受けられることを目標としている団体です。特定選手の応援や、政治的・宗教的な考えを強制することはありません。

フィギュアスケートの未来に不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方は、是非ともFPUのホームページをご覧下さい。

FPUホームページ  http://fpu.nobody.jp/

* 今 日 の 猫 *

箱とねこ。

皆さんの愛猫を紹介してみませんか?

ご希望の方はメールまたは掲示板より、写真を添えて送って下さい。

☆ お 知 ら せ ☆

フィギュアスケートのジャンプ解説

フィギュアスケートの基礎

« Zを復活させた男たち | トップページ | フィギュアスケート講座 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2090205/58506486

この記事へのトラックバック一覧です: 村上佳菜子が逆転優勝~グランプリシリーズ・スケートアメリカ:

« Zを復活させた男たち | トップページ | フィギュアスケート講座 »