« 韓国はバンクーバーでどうしてもキム・ヨナの金メダルが欲しかった | トップページ | フィギュアスケートの未来? »

2010年3月 1日 (月)

疑惑の判定を検証する

浅田真央はキム・ヨナに本当に及ばなかったのか?

そもそもSPで5点もの差が適正であったのか?

B014

私自身はほぼ互角だったと思っていましたが・・・

二人のSPの演技を同時に見れる動画がありました。

これを見て互角どころか、浅田真央の方が良い演技をしているのではないかという思いが強くなりました。

もちろん浅田真央には浅田真央の、キム・ヨナにはキム・ヨナの良さがあると思いますし、どちらも素晴らしい選手であることに異論はありません。

しかし、並べて見ると浅田真央の素晴らしさが際立って感じられるのです。

これはもちろん私の主観です。

皆さんはどう判断されるのか?

http://www.youtube.com/watch?v=4rhiDb9YX9c&feature=player_embedded

これを見て私は、キム・ヨナの得点が意図的に作られたものであると確信してしまいました。

キム・ヨナは素晴らしい選手であったのに、この作られた得点のために生涯苦しむことになってしまうでしょう。

ある意味、韓国は本当に歴史に残る選手を作ってしまったのかもしれません。

« 韓国はバンクーバーでどうしてもキム・ヨナの金メダルが欲しかった | トップページ | フィギュアスケートの未来? »

疑惑」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2090205/58507775

この記事へのトラックバック一覧です: 疑惑の判定を検証する:

« 韓国はバンクーバーでどうしてもキム・ヨナの金メダルが欲しかった | トップページ | フィギュアスケートの未来? »