« ある疑問 | トップページ | バンクーバーオリンピック~届かなかった思い・・・ »

2010年2月28日 (日)

疑惑の採点・・・キム・ヨナは本当に金メダルだったのか?

バンクーバーオリンピックの女子フィギュアスケートの採点にネット上で疑問の声が上がっています。SPで5点近くの差がついた時からなぜ?という声がありましたが、男子と同じ係数(実は男子2.0、女子1.6となっている)をかけると男子金メダリストを凌ぐ得点となる採点に大きな疑問を持ってしまうのです。

B007以下は疑惑を取り上げた記事の抜粋です。

<SP終了後>

バンクーバー冬季五輪フィギュア女子シングルSPが23日行われ、日本の浅田真央選手、安藤美姫選手、鈴木晶子選手ほか各国代表30名が演技を披露した。なかでも浅田選手は女子SP史上初のトリプルアクセルに成功し、73・78点をマーク。自身の演技終了後、暫定トップに躍り出た。しかし、その直後に滑走した最大のライバル、キム・ヨナ選手が世界歴代最高得点を更新する78・50点という驚異的な数字を叩き出した。そのため、現在は2位につけており、安藤選手は64・76点で4位、鈴木選手は61・02点で11位という順位になっている。

一部のネットユーザーからは「キム・ヨナ選手の得点が高すぎる」という非難の声が上がっている。浅田選手はトリプルアクセルを決め、ノーミスの見事な演技を披露。確かにキム・ヨナ選手もノーミスで素晴らしい演技だったが、2人の得点差が4・72点もあることを疑問に感じているネットユーザーが多いというわけだ。ネット上では「キム・ヨナ選手の演技は完璧だったが、浅田選手と5点も差が付くなんて考えられない」などのコメントが多数寄せられている。

海外でも採点に対して不信感を持った人がいたようで、「キムは良かった。だけど「こんな大差」がつくべきじゃない。この差はあり得ない。でたらめだよ」や、「キムのスピンのが速かった。だけど、マオのスパイラルシークエンスの方が柔らかかった」という声が海外の人達からあがっていると、ネット掲示板に書かれていた。また、海外のネットユーザーらもこの採点には疑問を感じているようで「5点差はありえない、スキャンダルだ!」などの書き込みがあるという。最終結果がどうなるか分からないが、さらに波紋が広がりそうな状況だ。

<フリー終了後>

26日のフリープログラム。韓国のキム・ヨナの点数が発表された時、取材にあたる各国の記者から「信じられない」の声が漏れた。そして、その声の主たちは席を立ち、電話をかけ始めたり、取材ノートを勢いよくめくったり慌ただしく動き始めた。審判団の“不正”を疑ったのである。

確かにキム・ヨナの演技はSP、フリーとも素晴らしく、金メダルに相応しいものだった。
浅田真央もダブルアクセルを3回も決めるという史上初の快挙を成し遂げたが、細かいミスがあり、演技力や表現力といったところはキム・ヨナに劣っていたのは日本人でも認めなければいけないところ。しかし、総合で「20 点」という数字ほどの差はなかっただろう。

取材にあたっていたロシア人記者はこういう。「150点という点が出た時、思わず笑ってしまったよ。キム・ヨナが4回転ジャンプを成功させたのだと思った。今回は審判のジャッジが偏っているという批判がずっとあった。これから、どの国の記者も審判に不正がなかったか調べることになると思う」

フリープログラムの審判団は偏向ジャッジがないように、世界各地から無作為に選ばれる。今回の国籍はヨーロッパ7人、カナダ1人、そして韓国から1人の計 9人だった。
各々の点数は発表されないが、ヨーロッパの審判を取材したアメリカ人記者によれば、
こんな話があったという。「フリー後、キム・ヨナとカナダのロシェットの点数だけが異様に高いと、ヨーロッパの審判団の中でも首を傾げる人物もいたそうです。キム・ヨナの演技が終わった後、韓国人とカナダ人、そしてもう一人、東欧の審判が顔を見合わせてニヤリとしていたそうなんです。それはロシェットの時もそうでした。疑いたくないが、彼ら3人の動きが気になるのは事実です」フィギュアは9人の審判が採点するが、実際に数字として反映されるのはそこから無作為に選ばれた7人の点数。本人たちは誰の点が反映されたかわからない。

B008<韓国審判員について>

今回の冬季オリンピックにフィギュアスケート審判で活躍中のイ・ジヒ対韓氷上競技連盟フィギュア副会長が26日(韓国時間)開かれる女子シングル フリースケーティングでも24日ショートプログラムと同じように審判陣に配分を受けた。

イ副会長は24日フィギュア フリースケーティング選手組み合わせ抽選に先立ち進行された審判抽選を通じてフリースケーティング審判に配分された。 彼への配分で秘かに囁かれているキム・ヨナに対する「不公正判定」の是非を打ち消す強固なつっかい棒となることが考えられる。

25日訓練場で会ったイ副会長は「いくらフィギュアの新採点制度が科学的にといっても審判の個人的主観が判定に活かされなければならない」と語っている。また、「キム・ヨナがくやしい不利益を受けないように努力するだろう」と話した。このような人物に審判が配分されれば、韓国は採点での被害を最小限にできるだろう。その反面、日本審判はショートプログラムでは参加したがフリースケーティングでは配分を受けることができなかった。

<韓国での反応>

テレビやネットでは、五輪女子SPで史上始めてトリプルアクセルを決めた浅田真央と、78.50点をという高得点をマークした韓国のキム・ヨナ選手の話題で盛り上がっている。韓国でも当然のように盛り上がっており、「やぱりキム・ヨナはやってくれた!」という感じのコメントで溢れかえっているのだが、昨晩あたりから「日本のネチズンはマナーが悪い!」といった気になる見出しの記事が次々と登場している。

「日本の最大掲示板サイト『2ちゃんねる』をはじめ、日本のネット上ではキム・ヨナに対して酷いコメントが大量に寄せられている。日本のネチズンは非紳士的だ」といったものである。ある記事では、「日本の一部のネチズンは、日本の代表的なネットコミュニティー『2ちゃんねる』で、キム・ヨナに対して否定的な反応を見せ、『裏金取引』『審判の買収疑惑』などの陰謀説を提起している。日本のネチズンらは『トリプルアクセルを成功した浅田真央より高い点数なのは理解できない』『5点差、これはまさに裏金取引の差』などの文字を書き込んでいる」といった内容を報じている。また、別の記事でも「『汚い点数』日本のネチズンら、キム・ヨナの最高点に不満爆発「日本の2ちゃんねるネチズン『キム・ヨナの点数は、カナダのコーチのおかげ』と非難」といった見出しでネット上での会話が細かく紹介されている。ほとんどの記事が、「2ちゃんねる」上での会話を引用しており、「日本ネチズンのマナーの悪さ」が強調されるかたちになっているようだ。

これらの記事を見た韓国ネチズンは当然怒り心頭。「君たちに認めてもらいたいわけじゃない」「点数の配分も知らないのか?」「この機会に独島で戦おうじゃないか!」「独島は韓国の領土だ」などなど。かなりこちらも好き勝手なことを言っている。

B009

<私の主観論>

韓国は相変わらずの反応ですね。日本製品をパクリまくり、竹島問題では国際司法裁判所での解決を拒否している。愛国心が強いのは結構ですが、公平な判断力に欠けているのは困ったものです。

今回の問題について、日本人の多くは結果については受け入れている人間がほとんどだと思います。キム・ヨナの演技は充分に金メダルに値する素晴らしいものであったことは認めているのです。

しかし、その得点が異様なほどに高かったことに疑問を感じているのです。SPでは5点近くの差がつく演技であったと思っているのは韓国人だけでしょう。観戦していた大半の人はほぼ互角であったと思ったのではないでしょうか?

またフリーの得点も異常でした。これも140前後と思った人が大半だったのではないでしょうか?

そして、もしキム・ヨナと浅田真央のSPがほぼ同じであったら、また、フリーの得点が140位であったら・・・浅田真央は力まずに演技に集中して結果は違ったものになっていた可能性があるということなのです。

フリーの150点は浅田真央に過剰なプレッシャーを与えたのは間違いありません。本人は一切それを語りませんが、演技に入る表情はあきらかに強張っていました。

なぜ男子を凌ぐ得点が・・・?確かにキム・ヨナの演技は素晴らしかったですが、男子を凌ぐものではなかったのも事実です。

このような不正が疑われるジャッジは厳重に調査を行い、疑惑を晴らすべきではないでしょうか?

公平な環境で採点されてこそ、選手達はひたむきに努力して競技のレベルが向上していくのではないかと思います。

浅田真央は様々な黒い思惑に翻弄された残念なオリンピックになってしまいましたが、これに負けずに4年後を目指してほしいですね。

*アンケートを行うことにしました。皆様のご協力をお願いいたします。

下記の記事を読んでいただき、どちらの採点が正しいかを投票して下さい。

http://azplanning.cocolog-nifty.com/neko/2010/03/post-3962.html

期限は4月28日までの予定ですが、ある程度の数が集まれば早めに打ち切ることもありますので、お早目に投票願います。

« ある疑問 | トップページ | バンクーバーオリンピック~届かなかった思い・・・ »

疑惑」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2090205/58507782

この記事へのトラックバック一覧です: 疑惑の採点・・・キム・ヨナは本当に金メダルだったのか?:

« ある疑問 | トップページ | バンクーバーオリンピック~届かなかった思い・・・ »